『アジール(Asile)』体験談その1。大阪日本橋のフェザーとガッツリの二刀流

仰向けでのデコルテはバストが力強い

『アジール(Asile)』を利用した際の体験談です。

おはようございます。30代前半の携帯ショップで働く荒井です。

思えば寒かったあの日、突如としてマッサージを求めてしまう自分がいました。

自分に正直に生きたいと常日頃から意識しているので、私、片っ端から電話を掛けてアポを取りに行きました。

若干の出遅れにより、ほぼほぼのお店でお断りの連続です。

どうしたものかと、頼りないコール音の向こう側で、天使が囁いてくれました。

「はいっ、その時間なら空いてますよ」「じゃあお願いします」こんな感じでアポに応じてくれたのが『アジール(Asile)』というメンズエステです。

『アジール(Asile)』

特徴は大人のセラピストが居るってところ、しかも在籍しているのは、ほぼ40代の方ばかりです。

まあこれはこれで、何か「アリ」なのかなと安易な想像がついてしまいますね。

場所は長堀橋駅と日本橋駅の中間地点となる中央区島之内2丁目。そこそこ活気がアリ、異国情緒漂うエリアとなっています(日本語じゃない看板も多い)。

さて案内されたマンション、まずまずのクオリティで一安心。お部屋の中もアットホームさと都会的な雰囲気が共存している感じです。

椅子に腰かけ、テーブルで受付。ご案内セラピストはMさんです。

小柄でぽちゃぽちゃ系、顔は普通で、紹介文通りの優しい感じではありますかね。

そして巨乳はかなり主張が強いけど、衣装は思ったほどセクシーじゃなかった。

長めのワンピースで、多少体のラインが出るくらいでしょうか。

ウェルカムドリンクが運ばれてきてのお支払い額は、90分14,000円(通常料金の13,000円から1,000円割、オプションのシャワー補助2,000円)です。

そのままバスルームまで一緒に出向いて、脱がしてもらったりもしちゃいます。

ポンになるんですが、ここではまだ無反応のポークビッツ状態。チラ見するMさんの視線がどこか淋しげだったのは何故かな。

丁寧な泡立てからソフトな手洗い、シャワー補助という名の洗体です。

鼠径部も洗ってくれるのですが、アソコには中々触れてきません。

もどかしい気持ちの後に、ようやくサワッとひと撫でふた撫でというのかな。

そして泡の中でモゴモゴ、しっかりした手つきに変わります。シャワーを終え、バスタオルで全身を拭いてもらい、そのままの恰好でマットにうつ伏せ。いよいよここからマッサージです。

手つきは洗体時と同じくソフト。足元からゆっくり、時折フェザー的な触り方も交えて太もも、付け根と登ってきます。

付け根付近は、いきなり突っ込んでくることはなく、浅ーい遠ーいところをフェザーで焦らすように。

もう少し深ければ感じ方も変わったかもしれませんが、何分遠いもので物足りなさもあったりして。

四つん這いへと変化。ここではいつの間にかMさんの得意技と認識した、フェザーなソフトタッチが活きてきます。

ゾワッとヒップのセンターを通過させ、アナルにも指先が当たってる。

そのまま玉、竿のサイドを通過し結局ガッツリ。さらに豊満なバストも押し寄せてくるので、いろいろいい感じとなりました。

背中とかも一応やってくれます。跨る形でサワサワ。特に意味のなかった時間にも思えるものの、密着部分の柔らかさを楽しむことで乗り切ります。

仰向けでのデコルテはバストが力強い。時間の都合上短めですが、パフパフ堪能。

Mさんも程よく色っぽい声が出ていたかもね。バストの感触が忘れられないので、お願いして許容してもらいます(熟女ってこういうところが良い)。

終わった後もシャワー補助あり、前後であるのってなんかイイよね。

内容はまずまず。料金が少し高く感じるので、リピートの可能性は50パーセントってところですかね。

情報局ポイント

メンズエステ『アジール(Asile)』
セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ