『ハイルーム(High Room)』体験談その5。大阪梅田でグラビアアイドル級にキュンキュン

後頭部にはボヨヨ~ンが

『ハイルーム(High Room)』を利用した際の体験談です。

この前久々に昔ながらの喫茶店で一休みしたんですが、出てきたコーヒーを見て驚愕しました。

これって飲みかけじゃないのと思えるほど量が少ない、街のコーヒーショップの量のありがたさを感じました。

どーも大阪市内で外回り中心の生活をしている、40代の営業サラリーマンの中井です。

営業の合間のコーヒーが最高のオアシスとすると、コッソリなメンズエステは最上級の贅沢になるのでしょうか。

仕事終わりでもイイじゃん、との声もあるでしょう。しかしサボりってのがいろいろ掻き立ててくれるんですよね。

それに平日の場合、夕方前に上がってしまうセラピもいるからね。

そんなセラピに会うため行ってきたのが『ハイルーム(High Room)』ってメンズエステ。

 

『ハイルーム(High Room)』

 

大阪市内に5店舗を持つ、業界で今最も勢いのあるお店と言われてるところです。

質・量ともに評価が高く、口コミなどを見ながら堪らなくなっていました。

そしてついにタイミングが整い、予約できたのがMチャン。若さあふれるセラピストです。

所属先は梅田店とのことで、電話番号が難波・心斎橋店とはちがうので要注意。

セラピストや店舗など、自分の都合によって予約を取れるのがイイところです。

他のところではタライ回しのようになるときがあるからね。場所は梅田駅の地下街にある泉の広場の出口から徒歩5分。

梅田の地下街は迷宮とも言われており、地元民でも彷徨ってしまうほどなのでご注意を。

まあまあいい感じのマンションが目的地、オートロックを突破すると実物のMチャンにお目通りです。

イヤイヤイヤ、グラビアアイドルさながらのスーパームッチリ。身長もおっきめなので、ボディの迫力が強い。

それに加えてオッパイのデカさも無視できないほど。いや~谷間が深くて、どうしてもソコに視線が向かいます。

ルックスは意外と純粋そうな、いい感じの女の子フェイス。よく考えるとボディとのギャップが逆にエロい。

「お仕事終わりですか」私「いえ抜け出してきました」Mチャン「大丈夫ですか、ありがとうございます」なんてやり取り。

でも平日昼間は私の思い違い、Mチャンは夕方や夜の出勤も少なくないようでした。

また現役の学生さんってことで夢追い人らしいです。なぜかそれを聞いてムラムラしたのは変態でしょうか。

受付も済み、シャワーを浴びてTバック装着。ノーパンチャレンジはさすがにできなかったですね。

うつ伏せから始まるオーソドックススタイル、Mチャンはよそよそしくならず、腰の上に座って温もりを伝えてくれます。

「重くないですか」には「柔らかいです」と意味不明な返答。ウケてくれるのは性格の良い証拠かな。

オイルの腕前はそこそこで、Mチャンの近況を聞きながらといった感じで会話を楽しむスタイル。

マッサージされてると感じるのはキワキワになってから、程よく深く侵入。

こちらが反応するにつれ、妖艶な雰囲気になってくれるMチャン。

喋りのトーンも吐息まじり。少し男性のことも理解してくれるようなワードを織り交ぜ、鼠径を行ったり来たりです。

うつ伏せの肩まわり、仰向けのデコルテは両方とも頭上から覆いかぶさってきてくれるので、後頭部にはボヨヨ~ンが。そして仰向け時はお尻が目の前まで来ての景色にゾッコン。

そしてさらなる密着を求めて、最終的には添い寝スタイルからの、スリスリ・モミモミ。

何とも言えない時間に、このまま時間が止まればいいのにと思ってしまいました。

90分13,000円(指名料込)の内容かと思うと、素晴らしいプログラムでした。

帰り際も名残惜しくしてくれるところにキュンキュン。「また来るから」の時の笑顔が忘れられません。

ムッチリ巨乳好きのアナタ、若くてかわいい子を求めるアナタ、行って損は無いと思います。

情報局ポイント

メンズエステ『ハイルーム(High Room)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ