『ハイルーム(High Room)』体験談その3。心斎橋のパンチラ時間

健全とエロスの狭間

『ハイルーム(High Room)』を利用した際の体験談です。

キャバクラや風俗ではなく、メンズエステが最高峰の遊び方となっている大阪在住、40代の遠距離系トラックドライバーの関口です。

夜通し走ってきた時などは、仮眠を兼ねてそのままメンズエステで遊んだり、地方ならではのご当地サロンでホッコリしたりするのが楽しみです。

そんな私、以前大阪市内で利用したメンズエステが最近気になり始めているのです。

基本的には健全ベースですが、施術はメンズエステの要素もたっぷりとあって、思い返してみると何かムズムズした気持ちが湧いてくるんです。

そこで今回は、ちょっとその時の体験を思い返してみたいと思います。

お店は『ハイルーム(High Room)』ってところ。大阪市内には何か所かにルームがあって、案内されたのは心斎橋ルーム(長堀橋ルームとも言う)。

 

『ハイルーム(High Room)』

 

アクセスは超簡単で、長堀橋駅から数分で向かえるキレイ目なマンション。詳細はショートメールで知らせてくれるので、グーグルマップで検索すれば余裕です。

予約時の電話対応はまあいい方で、嫌な感じやぶっきらぼうな態度は感じませんでした。

選択したコースは90分で指名すれば13,000円の料金が発生。大阪市内の相場とすれば、平均的といえるでしょう。

さて、予約時間丁度に例のマンションに到着。迎えてくれた指名セラピストは、おしゃれで都会的なプリティガールMさん。年齢は20代中盤くらい。

コスチュームはホームページ通りのブラックのタイトワンピ。胸元の開き具合は深めで、谷間を瞬時にキャッチ。

スカートの丈もかなり頑張っており、パンチラ&下尻必至。男性の視線を意識したデザインです(Mさんがそれを最大限に表現か)。

部屋はMさんとの距離の近さを感じる狭小ルーム。マットと壁の距離もなしに等しく、サイドからの施術の場合、マットの上にセラピストが乗っかってくることが予測され、なんとなく「フフフ~ン」と鼻歌が。

カルテに一通り目を通し、分かったふりの演技をかまし支払いからシャワーへ。紙パンツはスルーできず、着用の念を押されました。

でもね、極小Tバックなので、これはこれで意味があって無いようなもの。締め付け感やはみ出そうな際どさが、逆に興奮をそそるってものです。

部屋に戻ってMさんの帰還待ち。まぐわいの準備をしているのかなと妄想に浸ります。

ちょぴり待ちぼうけを食らって、いざマッサージの開幕です。

「ごめんなさいね」「待っちゃった」の一言があったので良しとしておきましょう。

流れはオーソドックス。ほぐしの時点で跨ってグイグイ、ただ乗っかってこず、微妙なスペースがある感じ。所どころでお尻とお尻がフワッと当たるのがよかったかな。

オイルは足裏から。ココも基本的、腕前はソコソコあると思われ、手の平の使い方がエステティシャン風。

失礼ながら、それを本職にしていた経験をお持ちのよう。まあマッサージとエステって似ているようで違うところがあるもんね。

臀部あたりに到着すると、ガバッと丸出し系。Tのライン線なので完全にみられている状況です。

お尻をグリグリ丹念に揉みほぐし、横から持ち上げたり割れ目を開いたり。

ラインやキワキワへは伸びそうで伸びない。「あと一歩もう一歩お願いします」と言ってしまうと美学に反する。黙ってMさんからの歩み寄りを待ちました。

多少悟ってしまった私のムスコ反応が甘くもどかしい。それでも所どころで発生する、パンチラタイムが元気を与えてくれる。

健全とエロスの狭間とはこういうことなのか、そうこうしている内に最終段階の鼠蹊部へ。

うつ伏せ時と同様、ガバッとタオルは捲られる。これまでの健全的アプローチが、逆にその状況への緊張感を煽り、意に反してビンビンに。

Mさんの表情も一瞬輝いたように感じたものの、踏み込みが甘く、明らかに当ててやろうという意識が感じられず、静かな幕切れとなりました。

まあでも終始パンチラが楽しめるのと、見せている感が印象に残っており、スッキリは無かったもののなぜか後引く興奮がありました。

情報局ポイント

メンズエステ『ハイルーム(High Room)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ