『隠れ家 大人の癒し空間』体験談その2。大阪南森町のおっぱい爆弾に埋もれる

さらにバージョンアップのスーパーカエル足

『隠れ家 大人の癒し空間』を利用した際の体験談です。

こんにちは、さすらいのメンエスマニアのオイラーです。

昨年末の株価急落で、しばらくはメンエスお休みかなと思っていたのですが、孫社長の頑張りで少し損失を取り戻すことができましたので行ってきました。

大阪への主目的はライブ参戦だったのですが、当然1泊2日になるので、たっぷりある時間を有効活用させていただきました。

こちらのサイトの管理人さんにオススメのお店を紹介していただき、行ってきました。

オススメされた店舗は3店舗あったのですが、出勤しているセラピストとにらめっこをして、大阪のメンエス店『隠れ家 大人の癒し空間』に突撃してきましたので、体験談を紹介します。

『隠れ家 大人の癒し空間』

前日の夜中に、LINEにてTさんをお昼からの時間で予約しました。

返信がなかったのでまた明日電話しようと思っていたら、当日の朝9時ごろ「すいません、午後からは予約で埋まっています。午前中からしか案内でません。」とのLINE返信がありました。

雨が降っていたので、観光、買い物に行く気が起らず、迷わず午前中から突撃することで予約をお願いしました。

場所は南森駅から歩いて3分ほどです。

しかし駅に到着したのは予約時間の30分前ですが、散歩するにも雨なので遠出する気にもなれず、駅近くの大阪天満宮に参拝して時間をつぶしました。

目的のマンションに5分前に到着し、部屋番号を確認するために再度店に電話するも「すいません、準備出来たら折り返し連絡します」との事でした。

1分くらいすると電話で部屋番号の連絡があり、心躍りながら番号を入力するとすぐにロックが解除されます。

エレベータの中で映し出される自分の後頭部を見ながら「頭頂少し薄くなったな」と感慨深く浸っていたら到着です。

部屋のチャイムを鳴らすと「こんにちは、いらっしゃい」と、長身美形、巨乳のTさんがお出迎えです。

いやいや、久しぶりの美人に当たった感じです。HPの写真に嘘偽りなしって感じでした。

肩までのボブでほんとに見た目は、どストライクです。

「雨降ってましたか?私タクシーに傘忘れちゃって。」と天気の話題から会話スタート。

黒のタンクトップに、グレーのタイトミニスカート。いやがおうにも期待が高まります。

「オプションはどうしますか?」との問いに、オプションメニューを見ると気になるものを発見。

「白パンツってTさんが履いてくれるの?」と質問すると「よく聞かれるんですが、お兄さんが履くんですよ。よくわからないですよね。」と楽しく談笑が続きます。

もしかして会話のネタ作りのためのオプションなのかと疑ってしまうが、楽しいので良しとしておきましょう。

よくよく見ると、鼠径部集中オプションがなんと1,000円なので、迷わずにチョイスです。

初めて割りの100分11,000円にオプションを追加して、12,000円の支払いです。

ここでマジマジと部屋の中を見回すと、ソファー、テーブル、コート掛け、棚(CD、時計)、鏡というシンプルな装いで、どんな人が来ても癒しを与えてくれる部屋作りのようです。

「こちらがシャワーです。終わったら紙パンツお願いします。」と言って連れられてきました。

早速シャワールームに入ると、シャワールームでもヒーターが搭載されていて、冬のメンエスにはありがたいですね。

洗面所、シャワ―ルームは狭いけれど、汚れがなく清潔感あふれる感じでした。

紙パンツはTバック型で、大きくなると収まりがきかない感じです。

そのまま、うつぶせに横たわり施術開始です。いつものように、まずは足のマッサージから始まります。

Tさんは足裏にデルタ部分を乗せながらマッサージを始めます。

残念なのは、私が前日歩きすぎて、思うようにいたずらができなかったことです。

少し、指先を動かしいたずらしようとすると、足がつりそうになり、自分自身でストップがかかってしまいます。

その足がつったのを、「すごくふくらはぎとモモが固くなってますよ。大丈夫ですか。」と優しく癒してくれます。

オイルをたっぷり付けたマッサージも、私にとって適度な強さで足の疲れもほぐれてきました。

つづいては、お尻から背中のマッサージに移ります。

いつもは、首を横に向けてマッサージを受けるのですが、ふと前を見ると「鏡」があります。

ここにTさんの綺麗な笑顔と、大きな胸の谷間がくっきりと映し出されています。

それに気づいたTさんも、こちらに微笑みかけてきて癒され感MAXです。

そのまま背中のほうにマッサージが進むと、なんとなんと、Tさん胸を押し付けてくるではないですか。

オイルついて大丈夫なのと下世話な質問はせずに、なされるがままに身を任せます。

胸大きいよね、どれくらい?と少しづつ下の質問をすると「Bカップ」との回答が。

「ちゃうやろ、Eくらいあるやろ」と関西人のノリで突っ込みたかったのですが、オッパイ爆弾のボリューム感にノックアウトされて、それどころではありませんでした。

続いてはようやく「足をまげてください」とカエル足が始まりました。いや、スーパーカエル足というべきでしょうか。

Tさんの胡坐に足を乗せるという密着バージョンです。

オイルをたっぷり付けて、下から、上から腕が侵入します。紙パンツの上からは何度も竿をすりすりされている状態です。

「じゃ次は左ですね。」と足を変えると、またスーパーカエル足が始まりました。

いや、そのまま足を絡ませ、さらにバージョンアップのスーパーカエル足2に変形です。

Tさんの足と、おいらの足はオイルまみれで絡み合っています。さらにオッパイ爆弾はおいらの腕を直撃し、左半身の触感を完全にノックアウトです。

もうここまででも十分満足ですが、これから仰向けの施術が開始されます。

うつ伏せの時と同様に、足のマッサージからです。

Tさんは足先にペタっと座り、施術しています。当然足先はデルタ地帯にタッチ状態です。

少し疲れが取れた俺は、少し指先をクリクリっと動かします。すると「足が悪戯している」と優しく対応してくれます。

拒否ではなかったので、タッチ&アウェイを繰り返してTさんの興奮を高めておきます。

その後はセンター責めが始まりました。

紙パンツの中に少し手を入れたりして、微妙なタッチが始まります。

紙パンツのふくらみと、俺の顔を交互に見てくれるきれいな天使が出来上がりです。

そのまま施術は最後のクライマックスへと展開します。

腰の上にまたがってきて上半身のマッサージです。背面と同様に、おっぱい爆弾と紙パンツの中への責めが続きます。

これでクライマックスかなと思っていたら、最後に顔面へのオッパイ爆弾投下です。

思いっきり推定Eカップの胸にうずくまりながら、興奮が高まります。俺もお返しが必要だろうと、Tさんのお尻にタッチします。

オッパイ爆弾に耐えながら、Tパックのパンティラインに反撃を加えて満足の中、終了です。

最後はTさんから「雨の日なのに予約がいっぱいなんです」というも、こんなサービスしてもらえるなら予約もいっぱいになるのも当然だと、納得しながら部屋を後にしました。

帰りに大阪天満宮にお礼詣りをしたのは言うまでもありません。

情報局ポイント

メンズエステ『隠れ家 大人の癒し空間』
セラピスト:Tさん

男の情報局オススメ度:★★★★★

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ