『ララリラ(Lala rela)』体験談その4。大阪の出張エステで経験値アップ!

ムチムチ柔肌を堪能

『ララリラ(Lala rela)』を利用した際の体験談です。

こんにちは、さすらいのメンエスマニアのオイラーです。

今回は大阪に来ております。世の中の女性を幸せにすべく、パワースポット巡りをしてきて歩き疲れてしまいました。

そんな時は出張メンエスの出番だろうと思い、2日前から予約をしていました。

お店の名前は『ララリラ(Lala rela)』です。

『ララリラ(Lala rela)』

その中からオッパイが大きくて、キレイな感じの女の子を指名していました。

この情報局での評判も良かったので、楽しみにしながらその時を待っていました。

しかし、予定時間の1時間前にお店から電話があり

「すいません、急に女の子の日になってしまい別のセラピストでもよろしいでしょうか?」

と、晴天の霹靂が訪れました。

こういう時は、やめておいたほうがいいのでしょうが、「代わりの女の子を準備できますがどうしましょうか?」と、お兄さんの悪魔のささやきが聞こえてきます。

じゃあ、代わりの女の子をお願いします、と言ってしまいました。

「どういう女性ががお好みでしょうか?」と聞かれて、おっぱいが大きくてと主張したかったのですが、電話を受けたところは梅田の地下鉄の駅でございます。

オッパイが大きいのが好きと聞こえてしまったら大阪のおばちゃんの噂話のネタになってしまいます。

そこで、やんわりと「スタイルがよくて、キレイで・・・」と答えてしまいました。

もう一つお兄さんから、「20代と30代とどちらがよろしいでしょうか?」と聞いてきましたので、条件反射的に30代と答えてしまいました。
(いや、この店は若くてかわいいのが評判みたいなので、20代と言っておけばよかったと後悔しました。)

ホテルに戻り、軽くシャワーを浴びテレビをつけていると「ピンポーン」とベルの音が響きます。

ドアを開けると、そこには標準的な30代の女性が視界に入ってきました。

「こんばんは、Nです。」とHPの写真と比べると、ちょっとだけムチムチ感あふれる胸の谷間が挨拶をしているようです。

「コースの確認をさせてください。120分でよろしいでしょうか。」ということで、合計16,000円を支払いました。

Nさん、HPの写真からすると少しムチムチですが、お顔は標準。黒髪の長髪で、ブルーの花柄のミニスカワンピースで、前傾するとパンチラ確実の服です。

ベッドのセッティングしているときにパンチラを期待したんですが、さすがにそこは難しかったですね。

と妄想しているとセットが完了したようです。

「裸になって仰向けでお願いします。」と、いつもと違う展開なので「仰向けですか?」と聞きなおしました。

Nさんは間髪入れずに「はい、仰向けです。」とのことだったので、パンツを脱いで、こんにちは状態で仰向けで寝ていると「ごめんなさい、うつぶせです」
と、俺の息子を見ながら慌てて訂正してきます。

こういったハプニングも人間味あふれていいですね。ここから施術の開始です。

恒例の足からのマッサージで、足裏はご遠慮しました。

ベッドの下に立ってお尻のほうまで手を伸ばすので、お腹かデルタゾーンか分かりませんが、足先の柔らかい感触が気になってきます。

押圧は弱く、歩き疲れたおいらを回復させてくれるほどではありませんでした。

一通り足の施術が終わると次は「足をまげてくださいね」とカエル足が始まりました。

腕を下から突っ込み、停止。そこから手首をくねくねと動かしてきます。

こうすることで、直接ではないですが、私の息子に腕の部分で刺激を与えてきます。

今度は、腰のほうから下に向かって腕を突っ込み停止し、再度手首を右に左にくねくねしてきます。

まだ入店半年くらいとのことでしたのでぎこちなさは残っていましたが、そこそこツボは心得ているようでした。

そのあとは、腰、背中のマッサージに進みます。

おいらのお手手はNさんの太ももに触れていましたので、思い切ってタッチします。

特に拒否られるわけではなく、そのままムチムチ柔肌を堪能させていただきました。

興奮させようと悪い考えが起きて(いや、いつもの考えですが)、太ももをナデナデしていると「くすぐったい」と跳ね除けられました。

後でわかったのですが、これは触られるのが嫌なのではなくて、軽くサワサワするとほんとにくすぐったかったみたいです。

その後は、仰向けの施術です。またまた足から開始されます。

うつ伏せと同じようにしていたので、足先がどこに当たっているか確認したら、どうやらデルタ地帯に当たっているのは確実なようです。

そのあとはまた「足をまげてください」ということで、仰向けカエル足。

少しはキワキワしてもらえるのかなと思ったら、特にそういうこともなく両足の施術が完了です。

そのあとは足の間に座って鼠径部のマッサージが始まりました。

そろそろガッツリ来るかなと思っていたのですが、タマタマは触ってくれたものの、軽い感じで終わってしまいました。

次は何だろうと思っていたら「横向きにお願いします。」ということで、素直に従います。

お尻のほうからオマタをすり抜けて腕が侵入してきます。

確かに気持ちはいいのですが、特別に何かあるわけではなく興奮もそこそこです。

「じゃ次は逆向きでお願いします。」ということでしたので従います。

しかし今回は、Nさんの体が俺の手が触れるところまで来ています。

マッサージを受けながらも、Nさんのお尻をサワサワとタッチ。

するとまた「くすぐったい」と言われたので「ガッツリ触るのはいいの?」と聞くと「ガッツリのほうがいいよ。でもいいって言っちゃだめだけど(笑)」と寛容な返事をいただきました。

お言葉に甘えて、パンティの上からお尻をガッツリと触ろうとしたところで「ピピピピ」と、時間が来てしまいました。

Nさんの本意を見抜けなかったことが敗因ですが、経験値を上げたと思って良しとしておきます。

情報局ポイント

メンズエステ『ララリラ(Lala rela)』
セラピスト:Nさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ