『モンスゥリール(monsourire)』体験談その1。大阪泉大津の王道のエステティック

少しディープに変化させる飽きさせない工夫

『モンスゥリール(monsourire)』を利用した際の体験談です。

後輩数人を連れて回らないお寿司屋へ、慣れないことはするもんじゃないですね。

高いネタは中々ノドを通らず、安いネタがとっても食べやすかった40代のサラリーマンの日高です。

この出費、増額がウワサされてる冬のボーナスで是非とも挽回してもらいたいものです。

さあ私の住まいは大阪の南の方、大阪市内までの通勤は数十分を要すエリアです。

そんな片田舎にもメンズエステはありまして、この度、地域貢献と肉体活性の二本柱を大義として行ってまいりました。

お店の名前は『モンスゥリール(monsourire)』。オッサンの舌は回りきらず、とにかく発音が難しいのです。

『モンスゥリール(monsourire)』

ホームページを見た感じの雰囲気としては、特別どうこうといったオーラはナシ。

近場ってことで、妙な興奮は湧いてきてしまいますがね。セラピストは30代を主体に20代が万遍なく、出勤数は常時2人から3人くらい。

それぞれが緩いペースで出勤してますってスタンスに見えます。

予約が必須のマンション型エステ。電話で「何日に何時でお願いします」と謙虚に伝えると、電話番のスタッフも丁寧に返してくれました(ちなみにカワイイ声の女の子でした)。

アクセスにはまず最寄駅となる泉大津駅がスタート地点、日々の通勤でお世話になっている駅です。

そこから徒歩3分とのことですが、私は車なのでパーキングへ駐車して指定のマンションへ向かいます。

「ごめん下さい」とインターフォンプッシュで登場したのはAサン。

ルックスは好みが分かれるかもしれませんが、全然オーケーなレベルのセラピスト。笑顔は癒し系ですし。

服装はホドホドにセクシー要素を取り入れてるけど、可愛らしさが勝ってる感じです。

室内チェック。二人掛けソファーにテーブル、そして壁際にマットで成立。

ソコソコ綺麗にしているのではないでしょうか。受付時のAサンは床に座って接客。「私の横、開いてますよ」とどれほど言いたかったことか。

ここはAサンなりの接客マナーなのでしょう。コースは都合によって選べるよう、刻み海苔のように刻んでます。

悩ましい選びどころは105分コースで決着。1,000円割の13,000円がお支払いの額です。

そしてシャワーからマッサージへと移ります。特別な変化球はなく、そのままうつ伏せになると指圧が加わります。

在り来たりな会話の中で過ごす一時はまったりしております。オイルはふくらはぎから、最近当たり前のようにこのパターン多すぎない。

背中からのオイルに変えるだけでも「オッ」ってなるんだけどね。手つきはエステティシャン張り動きを披露してくれます。

リンパの集中する膝裏などはパタパタパタと、それっぽい手さばきで流しておりました。

そんな道のりを待ち遠しく感じていたのは鼠蹊エリア、そしてカエル脚のコールが掛かります。

鼠径エリアもエステティックな手つき、指先がよく動いてくれるので玉のサイドに掠ってきます。

グッと奥に腕を伸ばし入れてきたところで竿にフェアリーな感触が、指先を使っての絶妙な刺激にピンコ立ち。

当たり具合としては超ソフトですが、そこがアソコを意識してるって気がして興奮してしまいます。

また逆サイドからの同じパターンでは、少しディープに変化させる飽きさせない工夫もあってマル。

滞りなく流れていく時間の中で、湧いてくるのがオサワリしたいという気持ち。

ここがOKかどうかは私にとっての大きな基準になります。今回は訪ねずにゆっくり指先を当てながら、太ももを腰をお尻をと。

一瞥したAサンは「触ってますね」とニヤリなトーンで。

私、堪らず「いいですか?」と、「少しならどうぞ」と言ってくれますが、もう触ってるんですよね。

でもこのやり取りのおかげで、最大限の寛容さを見せてくれたAサン。リピートすればどうなっちゃうのかなぁ。 

情報局ポイント

メンズエステ『モンスゥリール(monsourire)』

セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ