『リラクゼーション ハグ(Relaxation Hug)』体験談その1。大阪堺で新しい思い出が作れました

眠っていた獅子がビキーンッと覚醒

『リラクゼーション ハグ(Relaxation Hug)』を利用した際の体験談です。

隣家の軒先にデッカイスズメバチの巣が、近隣総出での退治は約1日を要すことになりました。

それなら始めっから業者を呼んだ方がいいと苦情は言えず、久々に交流が持てたことを前向きにとらえた40前のアルバイト作業員の堀口です。

そして後日談として、心なしの謝礼を頂くことに。ホント僅かばかりのモノでしたが、私の拠りどころメンズエステでの指名料やオプション代金くらいにはなるんじゃないのかなと。

そして激戦の労をねぎらうために、堺にある『リラクゼーション ハグ(Relaxation Hug)』というお店に予約を入れました。

 

『リラクゼーション ハグ(Relaxation Hug)』

 

選んだ理由は自宅から近かったことが理由。歳を取ってくると行動範囲が狭まってくるのかな、近場だと落ち着くんですね。

そんな立地なので、こちらには何度かお世話になっておりまして、いい思い出や切ない思い出など、メンズエステのいろんな面を学ばせてもらってるお店になります。

世代は幅広く、20歳そこそこの女の子から、40代オーバーの熟れ熟れマダムまで揃っています。

経験もまちまちで、若いから未経験とか年輩だから経験豊富って訳ではない一面も持っています。

だから年齢が高い方でも、新たなチャレンジを試みることが出来るのが魅力かな。

ルームは堺東駅の近くと堺駅の近くなど3カ所にあり、今回は堺駅の近くへとご案内。

駅の南口を出て某コンビニから誘導してくれます。私の場合は車で向かい、駅前のパーキングに駐車するパターンです。

「どうぞ~」というテンションで迎えいれてくれたのは、駆け出しの若いセラピストRチャンです。

小柄でとっても可愛らしい女の子感のあるセラピストで、スタイルは標準的。でも太ももはムチッとしてたのかな、タイトワンピがそう見せていたりして。

部屋は広さもあって真新しさもある、清潔感はまあ頑張っている方かな。

ムーディーな照明は暗すぎず明るすぎず、視界良好です。

マットは部屋のセンターにドンッ、鏡もあるのでお覗き可能、鏡越しのチラリズムってスレスレ(犯罪)的で好きだなぁ~。

コースは120分を選択、持ち合わせではちょっと苦しい15,000円を支払います。

なおこちらの料金は税別表示という、まさかのシステム気をつけましょう。

シャワーを浴びて、紙パンツは穿かずに、マッサージへと入っていきます。

若さなのか、正直言ってマッサージの方はペタペタ。

しかもソフトペタペタなので、オッサンの鈍感ボディには響いてこない。

なんともつまらない時間が流れていき、枕に付けている額の痛さの方が勝ってしまう。

それでも際どくなると、期待してしまうのがメンエスマニアの宿命です。

「キテルキテル、さあもう少し、あと一歩」心の声が木霊する。

玉をペロンッとした感触はそれはそれで悪くない。もしこれが舌で舐めてることを模したアプローチなら、末恐ろしい逸材。

でもやっぱり控え目。遠目で引き返すことで、勃起もいまいち弱し。しかし思いもよらない名産品がこの後届けられました。

それは背中のマッサージの時、Rチャンは華麗に私の腰に跨ってくる。

ピタンッと密着するのは生の太ももとパンティヒップ、若さ溢るる感触はお見事。

そして頭上にスタンバると股が開いて、見上げたソコはスカートの中。

オイルでテカる太もも、若干の食い込みをみせるパンティに、眠っていた獅子がビキーンッと覚醒しました。

そして仰向けでは、Rチャンのプライベートゾーンに頭が来るようなポジション。

横を向くと太もも、時々股間が頭頂部に当たってる?。

胸のプッシュはもう一息でも、頬が太ももへ触れてた瞬間はちょっと良かったです。

結局不発で終了となり、マッサージも期待できるレベルではなかったものの、何かと思い出になるシーンがあったので捨てたもんじゃないというのが感想です。

情報局ポイント

メンズエステ『リラクゼーション ハグ(Relaxation Hug)』

セラピスト:Rさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ