『ユルリラ(yururira)』体験談その1。大阪十三の清楚系からの変身でビンビン

アンテナの感度ビンビン

『ユルリラ(yururira)』を利用した際の体験談です。

「ちょっとお兄さん何処行くん」振り向くとまさかの中年オヤジ。

これってもしかしてナンパなのか。変にドキドキしてしまった、20代後半の出版系の会社員の堀です。

いい話のネタが出来ると、ちょこっと相手になっても良かったものの、僕は忙しかったのでそれを振り切って駆け出しました。

なぜならメンズエステに行くから、オヤジよりそりゃ女の子を選びますわな。

場所は大阪の十三、コアを求める男が楽しむにはいいところです。

お店は『ユルリラ(yururira)』と言って、十三には似つかわしくないフローラルな香りが漂う雰囲気があります。

『ユルリラ(yururira)』

セラピストのイメージはどうやらOL系らしい。紹介ページを見ていると、OLさんとはちょっと違うような気もしますがね。

アクセスは十三駅から淀川方面へ歩いて数分。駅前のゴタゴタした雰囲気とは一転して閑静なエリアですが、ラブホが近くに見られるのも十三らしいと言いますか。

中には閉店して幽霊屋敷になってるラブホもありますが。街並み探訪も終えた辺りで、時間丁度にお訪ねします。

迎えてくれたのが20代中盤のMちゃん。ビジュアルは普通ですが、落ち着いてて自然体なところが良いところ。確かにオフィスに華を添えてくれそうな雰囲気のある女の子です。

オッパイはホドホドに、下半身は程よくムチッとしてて、スタイルは癒し系ってところかな。

服装は過激路線とは一線を置く、Tシャツにパレオみたいな腰巻でした。あっそうそう、部屋は十三のメンズエステらしからぬ、キレイなお部屋でしたね。

マットがあって、チェアとテーブルの受付スペース、ティッシュやタオルが収納されてる棚などが備わってます。

サインや支払いはお茶を頂きながらまったりしたいところですが、何気に駆け足で過ぎていくんです。

セラピのMちゃん、サクサクっと進めて、早くマッサージへと入りたいのかな。

ここで下手に時間を使うのも、イメージ的に良くないので素直に従う僕ですが。

「さぁうつ伏せに寝てください」。半年ほど付き合った彼女のような口調で促すMちゃんに、少し芽生えたのは恋心だったりしてネ。

マッサージ開始、先ほどの受付とは一転して、適度に会話もしてくれます。

在り来たりな会話ではあるものの、聞き出し上手なんでしょうか。

ちょっとしたお悩み相談室となっており、心の疲れも癒してくれるのです。そしてタオルが斜めに捲れあがってのオイルマッサージへ入って行きます。

足元からのゆったり系。跨ってはいるものの、ペタンコスタイルとはならず、マッサージの加減で体が上下するときに少し感触はあるくらい。

それはそれで楽しむ要素でもあります。基本丁寧なんで、太ももから上のエリアへ来るのは時間が掛かりました。

おかげで若干眠りに入りそうになっていた僕、お尻のラインをなぞる指先にピクンッと反応。

変な意味じゃなくて、純粋にビックリってことなんです。

だけど、この反応が功を奏しちゃったのか、Mちゃんの指先は反応した手つきを盛り気味でしてくれるんです。

喜ばせようという気持ちの籠った指先は、アッチの方に伝わります。

アンテナの感度ビンビン、これから来る鼠径部が恥ずかしくなるくらいに。

「じゃあ足を曲げてください」とカエル脚。ファーストコンタクトが深くまで入り、いきなりの接触です。

これには逆にMちゃんが驚いちゃったみたいで、少し戸惑っている模様。

僕「スイマセン、こんなになっちゃって」Mちゃんはさりげない笑いで返答です。

でもね、その後もキワキワ度合いは衰えることなく、よりビンビンへと導こうとしてくれるんですね。

仰向けになり、脚の間からアソコを眺めてる。手が中心部に寄り始め仕上げへ、握っては来なくても限界は越えてるんです。

僕の呼吸が荒くなると、ニッコリして手つきも激しくなる。

ラストまで手は緩めることはなく、癒やしの笑顔とのギャップに興奮しきりでした。

今回90分コースが新規割により10,000円。安すぎて帰り道腰ガクガクでしたよ。このサービスと雰囲気があるなら、通ってもいいなあ。

情報局ポイント

メンズエステ『ユルリラ(yururira)』
セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ