『チックプレミアム(CHICK PREMIUM)』体験談。東京高田馬場の色気が侮れない可愛いルックスのセラピスト。

ペチンと反応して、擦れぇ~、「んん」敏感に見せるとか反則じゃね。

地元とは離れた地域のドンキでバイトしてます。あえてね。歳は20代半ば、バイト世代だと思ってます。けどドンキには、オバちゃん従業員も多いんだわ、客の年齢層を上げようとしてるのかな。

同じシフトのオバちゃんからの「彼女いるの」攻撃がウザったくて。そのオバちゃんに「○○さんが相手してくれるなら」と言ってみると・・・「私が若ければ良かったんだけど」。えっえっどういうことですか。

まんざらでもない空気出すの辞めてもらっていいですか。僕もその気になっちゃうんで。いやどっちも気持ち悪うぅ。

バイト代を叩いて、お口直しのメンズエステ。高田馬場にある『チックプレミアム(CHICK PREMIUM)』と繋がれました。

高田馬場駅から5分の早稲田通りに佇む雑居ビル、テナントには焼き肉の名店も入るなど一つ屋根の下で三者三様の目的・思惑が蠢いております。いや~楽しくなりそうだ。入店して部屋へ通されます。セラピストは「Yさん」。

プロフ写真とはハッキリ言って別人です。かといってブサイクでもないし、普通に可愛いルックス。そして侮れないのが色気、僕じゃなくても気付けると思います。視線が悩ましいのかなぁぁ・・どうだろ。ボディレベルは6chi、二の腕の感じとか好きかも。

室内にはムードがあります。広さもこれくらいが丁度いいのでは。ゆっくりオプション確認、HP意外の案内とは別に衣装チェンジが隠されてました。

裏オプとかはなく、メニュー表の中からどれを選びますか?と。衣装チェンジのシステムが風変り、味付けを加える2段オプションみたいになってました。それで120分コースで2万チョイの支払い。そこまで高くはないですかね。

シャワーの時間がしばし。紙Pは程よくゆとりのあるTタイプ。〇ン〇ンぶらぶらさせての再会、Yさん短めのキャミ姿に小さいPンティ。ヒップが桃。

うつ伏せになってマッサージ。手の平でゆぅくり、圧もしっかりしてるけど苦しいとかはなくて心地いいです。凝ってるところもスルーはしなくて、そこは回数を増やしたりして頑張ってくれました。

脚を曲げたり肘を曲げたりするストレッチみたいなのも、その時Yさんの感触があります。体も温められてますが、オイルも温まってました。ナ~デナ~デ、感触十分。尻と腿の隙間からモーションを掛けつつ焦らされてからの蛙アシ。

出来上がってるのを知ってるようにペロ~んと撫でアゲ。時代に流されないようなしっとり歩み続ける、柔らかい感触は体だけじゃなくて腕の柔らかいところも押し当て、これがタマンナイす。

あと太ももでサンドしたお祭りも、密着感がパネェのはモチ。一体感なるもので意思の疎通がシンクロしてます。四つん這いと中腰になるとYさんが支えてくれます。際だったSKB施術に加えてチクビ等、お世話されてるなと感じます。

仰向けになって定位置につくYさん。頭上から、パイパイもそうだけど腕が頬を掠めるのですら気持ちいいです。もうどっちでも良くなってる(そんなことは言えないけど)。

ガチの69です。夢中すぎる、オプションが効いてます。あまりにアップなのでSKB施術の様子が分からないのが勿体ない、多分ちゃんと穿けてないから。スベリ移動からの股間とのニア~。

接触確認アプリがあれば、どんな通知が来るんだろうか。ペチンと反応して、擦れぇ~、「んん」敏感に見せるとか反則じゃね。敏感なやり取りから定期の密着に戻りました。相変わらずお祭り状態。

僕「ホント柔らかいですよね」Yさん「そうですか~」なんだろ変な会話が今更。もしかすると、感じ取ってたのかもしれません。生殺しで終わることが。最後に熱烈なハグゥをしてくれる瞬間もあきらめきらない僕が居る。

「はい、いいですか」と嗜められ現実を知ることに。長居してエステは十分に受け取りました。あと一押しだけですね。初見じゃ無理なセラピかな。

情報局ポイント

メンズエステ:『チックプレミアム(CHICK PREMIUM)
セラピスト: Yさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です