『熟艶エステ クレア 極(crea)』体験談その1。中野坂上のエステの極み

いろんな体勢からの鼠蹊部への刺激

『熟艶エステ クレア 極(crea)』を利用した際の 体験談です。

ハイ、定額制見放題のAVで寂しさを紛らわしている、30代のショップ店員の山中です。

ショップ店員って暇そうに見えて、結構やることがいっぱい。特に接客が立て込んだ時などは、かなりテンパることも少なくありません。

そんな日が続くと仕事終わりは結構ヘトヘト。もう一歩も歩きたくない、駅前のベンチでそのまま寝ていこうか、なんてこともしばしばです。

ただ今回は違ったところで一休みさせてもらうことができました。

それはとあるマンションの一室。しかも色っぽいお姉さんに体をナデナデされながら。至福の一時とはまさにこのことを言うのだと実感できました。

そこはどういったところなのかと言うと、男性の休息の地として名高いメンズエステ。しかもちょっとした大人系世代の熟艶エステと銘打たれている『熟艶エステ クレア 極(crea)』と言うお店です。

 

『熟艶エステ クレア 極(crea)』

 

選んだ理由は、サイト内のセラピストの微笑み加減。口角がクイッと上がっていて、元気ハツラツなアソコを見て微笑んでいるような感じなのです。

ちょっと残念だったところがプロフ写真の非充実感。約半数のセラピストがノーフォト状態となっています(悲しい)。

電話をしてみると、今すぐなら何とかねじ込めるということ。ちょっと食事でもと考えていたところで、いきなりの究極の2択発生。まあ勢いに任せて「それでお願いします」と伝えました。

場所は新宿の職場から歩いて行ける中野坂上(とはいっても2キロくらい歩きましたが)。

ある交差点から連絡すると、マンションへ誘導してくれました。

ワンルームではなくファミリータイプで、ビギナー客向けなのか、最も手前のお部屋が私に与えられたスペースです。

室内は特別特徴的な部分はなく、かといって嫌な感じもせず、熟セラピストと過ごすには何ら違和感を感じない空間です。

ちょっと種明かしが先になってしまいました。

担当してくれるのは熟系セラピのNさん。スタイリッシュな表情が印象的。

エロ方面が望めるのかどうなのか不安になってしまうくらいの、健全的な接客です。

逆に言えば、このNさんが豹変した時の爆発力は一体どんなものなのか。そこに期待が高まります。

スタンダード80分12,000円を払い、シャワーを浴びてマッサージと言う一般的な流れ。紙のヤツも装着します。

はみ出した具合を演出してみようかなんてことも考えましたが、スタイリッシュ感が自重させるのでした。

部屋で待ち、しばらくの後Nさん登場。マットに寝かされエステが始まります。

さすが熟店と言うだけあって、ほぐしの段階からメンエス的に密着アリ。あのスタイリッシュセラピがこんなに理解力があるなんて。ムフフンと温もりに身を委ねました(タオル越しでも伝わる柔らかいふくらみにウットリ)。

時間の都合上ショートコースとなっているので、その点を配慮してくれ、ちょっぴり駆け足ムードでのオイルマッサージ。

そのため、お尻や足の付け根まで結構すぐに上ってきてくれました(こういった融通が利くところがさすがです)。

鼠蹊部へは浅めのラインを意識。ソコっていうところには指先が掠る程度なので、ちょっともどかしい。

脚を曲げると、掠っていたのがググッと擦れるところまで歩み寄ってくれました。

四つん這いはナシで、その後は背中。ほぐしの時みたいに密着があってうれしかった。手を重ねてきた時のギュッと握りあうのが分かり合える感じで色っぽく思えるのです。

ここまでくれば折り返しターン。それからはメンエス重視の鼠蹊部エステの競演。

いろんな体勢から鼠蹊部への刺激が。あのNさんの表情にも変化があり、とっても軽く興奮気味。私の吐息に吐息で応えようと、かなり接近する場面も。

さすが熟女セラピのお店だけあって、内容の安定感にホッとしました。

もしかすると通ってしまうかも。中野坂上で私を見つけてもそっとしておきましょう。 

情報局ポイント

メンズエステ『熟艶エステ クレア 極(crea)』

セラピスト:Nさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ