『いやし処 螢屋』体験談。東京池袋の和風の世界観が居心地良い純和風の老舗メンエス。

抑え込みからの添い寝・・・気づけばハグという展開。

鬼滅の刃を最近知った時代遅れの私は世の道から外れた者。ワンピースですら途中退場したのに、もう追いつけないです。40代、ドラゴンボールで許してチョンマゲ世代の会社員です。

それでチョンマゲ結って行きたくなるメンエス『いやし処 螢屋』へ行くため、ブクロのゲートを潜ります。

深く根付く老舗店と言うことで、私も何度か過去に訪れたことある思い出深いお店です。となるとセラピも古いと捉えられがちでしょうが、20代の面子で固められてるので、その点はご安心を。

そして皆さんツイッターを嗜んでるので、いつの間にか身内になった気分。情がワクワク股間がモンモンってパターンだね。予約難易度は普通、出遅れなければそんなに難しい感じはなく。スタッフも丁寧。

お店の場所は池袋駅出てから歩いて10分くらい、よく遠いと言われてるが道のりは単純なので苦にはならないかな。もしかすると長い一本道が遠方を意識させるかも。

建物の前に看板もあるので見つけやすい?甘味処風で難しい「螢」なので一瞬戸惑うこともあるかも。店のあるフロアは上の階、ドアの前に行灯風オブジェもあります。

訪ねるとセラピが迎えてくれるシステム。店内は純和風、ここまでの世界観を出すにはさすがに金をつぎ込んでるなと。明日にでも畳めそうな安っぽいメンエスとは一味どころか二味は違います。

通された部屋も和風ってか和室。居心地の良い空間です(世代的に)。セラピについては、キレイ可愛い系。接客は慣れてる感じがしましたが、接し方としては初指名ということで控えめな感じで立ててくれる印象。

衣装はパット付きのタンクトップみたいなのと、和風を残す腰巻。くノ一ターザンとコッソリ名付けました。スリムな癖して危うい胸元、タンクトップとブラの二重奏はショパンも吃驚でしょう。お相手は「Aさん」です。

茶屋的なサービスと支払いはワンセット、料金、指名込みで90分15,000円。シャワーへ移動、なんだか雰囲気が独特です。紙パンツはパッツン系とスカスカ系、流れに任せて後者を手に取りました。お待ちかねですね。

毎回だけど初手は緊張します。セラピの手の平もなんか脈打ってって必要以上にホットだったりでお互い様。恋人気分を少し味わう時間があって、突然起こりうる背面革命。こちらのセラピは態度に見せない凄腕派でした。

指圧の技術、整体的手法、力の掛け方など、どれをとっても本格的。「痛かったら言ってください」なんてあんまりエステでは聞いたことないですね。モチモチ的な感触はオイル投入後までお預けちゃん。

オイルが隙間を埋めるように密閉されたセラピの手と私の脚がスヌ~ン。ゆったり揉み押しからセラピ自身もスヌ~ン。大胆でエロチックな感触は男力アップを際立たせてくれ、カエル足を前にしてスカ部分へ傾き始めた。

そこへ追い込み。体位が都度変化していくスタイルは、キワの味変を実現。どれもがどれも男力の高まる施術。モチ最終形態では限界突破もいとわなず。背中も大変良かったですがショートカットして仰向け。

時間的にデコルテの時間は少々でしたが、要点を捉えたツボ押しに加え危うい胸元にムギュられてからのムギュムギュ。足のマッサージと来てカエル足では股の可動域が広がってるのです。うつ伏せ時の体位が役立ってるらしい。

抑え込みからの添い寝・・・気づけばハグという展開。紙パンツがセラピの行く手を邪魔してる。それを上手くドキドキ感へと変化するキワキワエステ。エロい手つき、胸元の誘惑を前にして、遺伝子の流出は阻止できないだろうと思いました。

が九合目から八合目まででピッタリ治められてしまうのでした。でも中々治まることがなかったのは効いてるからでしょうね。サービス向上の約束を手土産に、最後は笑顔での見送り。老舗店、強いっすわ。

情報局ポイント

メンズエステ:『いやし処 螢屋
セラピスト: Aさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です