『アロマーナ(AROMANA)』体験談その1。愛知名古屋で短時間で安く済ませて後悔

逆ロデオ状態で鼠蹊部ぅー

『アロマーナ(AROMANA)』を利用した際の体験談です。

元高校球児の42歳の大橋です。今の仕事はパソコンと向き合う事務職が中心、おかげで体は鈍っていました。

久々にキャッチボールと本格的なピッチング練習をしてみたところ「ウッ」肩をイワしてしまい、途中退場。案外ショッキングなものですね。

肩の具合も心の傷も癒えた頃、本当の癒しを体験しようって、オイルマッサのお店へ。名古屋市中区の『アロマーナ(AROMANA)』です。

 

『アロマーナ(AROMANA)』

やっぱり行く理由は女の子がエロっぽくて可愛いかどうか。このお店は私が求める基準を達成、あくまでプロフでの情報だけですが。

セラピは少なめなので、予約は頑張らないといけないかな。行きたいって覚悟が試されているかも。

でもここがスゴイのは、深夜枠のセラピが構えているところかな、時間帯を選ばず利用できるんですねぇ。

私の場合は良心的な時間帯をゲットできたので、仕事を上がってから。矢場駅1番出口からならマンションまで3分程度とアクセスが良い。

場所は「ここだよぉ」とサイトにしっかり記載されてるので、迷うこともないかな。

マンション横のコインパーキングもチェック、次は車でも来れるね。

エレベータで部屋に向かう、インターフォン越しに挨拶も交わして、セラピの登場。

童顔でプ二プ二しているNちゃん。背伸びした色気が妙にセクシーなものの、プロフのイメージとは若干違いがあるかな。

イヤーアクセがマッサージの邪魔にならなければいいんだけど。イマドキの若い子って感じの接客を受けながら部屋を見渡すと、これがオシャレなんです。

シンプルながらもセンスが光るって言うんですか。マットとニトリ系のチェア、テーブルなどなどが配置された、奥行きのある広めの部屋です。

ゼロ距離から始まるとされるVIPアロマーナ70分、初回割は大盤振る舞いで2,000円。支払い額は12,800円。

その後、着ているモノを部屋で脱ぎ、シャワールームへ。部屋の広さに全振りしたかのようなユニットバス、中々ディープな世界でシャワーを浴びます。

ボディーソープを落とすのに時間が掛かる、水圧が気になるところ。そんなこんなでTバックを装着し部屋へ戻ります。

まずは胡坐を掻いてのほぐしタイム、ゼロ距離からってこういうことを言うのね。

纏わりつくような肩揉み手揉み鼠径揉み、何となくぎこちない感じがリアルに良いです。

その後マットに押し倒されて、すぐに足元からのオイルが開始されます。一応経験があるみたいで、ストロークは様になってる感じ、無難な序盤の入りです。

マッサージ重視よりもやっぱりメンエス重視で、鼠径部には「早っ」ってなる。

しかも結構深くて、紙パンツのラインを守っているように思われるも、肝心の紙パンツがスカスカなので、容易に侵入してきます。

勃起している私のアソコが指先に違和感を与えたのか、アソコを入念に触ってきたのは興奮モノ。

そういうのを大切にしたいよね。で四つん這いは時間の都合上短時間に終わりましたが、体を寄せて密着してきてくれる。

温もりと刺激に感謝。仰向けになると「どうしたい」と選択する場面が、全部は出来ないってことらしい。

取り合えずデコルテからのをお願いして、まあそのいい感じですわ。接近してくるし押し付けてくるんだもん。

しばらくするとお腹にも乗っかってくれて、逆ロデオ状態で鼠蹊部ぅー。そして今度は基本スタイルでの鼠蹊部でフィニッシュとなるはずでしたが「ハイ終了でーす」。

「ええあと一息出たのに~、ねえお願い」って心の叫びを封殺するかのような笑顔に強く出れませんでしたが、良かったとは思います。

時間的にも短かったし、初めての来店ってこともあるから、こんなものでしょう。

次はやっぱり100分で挑むのが正解なのかな。「じゃあね」と軽く見送ってくれるNちゃんでした。

情報局ポイント

メンズエステ『アロマーナ(AROMANA)』
セラピスト:Nさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ