『キャンベル(CAMPBELL)』体験談その1。名古屋栄の丁寧に這うような手つき

舞うように動くフィンガーテク

『キャンベル(CAMPBELL)』を利用した際の体験談です。

大人が持つサイフとしては長サイフの方がウケがイイとの知人からの助言に従い、某ブランドの3万円の長サイフをゲット。

質感良し、収納多数、お札の出し入れ楽チンといいことばかりですが、若干持て余しがちになってる37歳、愛知県内の部品メーカー勤務の会社員の古川です。

立派なサイフの中身はスカスカでも、ライフワークのオイルマッサージは欠かせないとのことで、ちょっぴり無理していってきたのが、名古屋の栄エリアにある『キャンベル(CAMPBELL)』です。

 

『キャンベル(CAMPBELL)』

 

ホームページ内でも紹介されているように、エステ・マッサージ激戦区名古屋の中でもビジュアルとクオリティにこだわっているだけあって、注目はセラピスト陣の存在感の高さですよね。

マッサージの技術をうかがい知ることはできませんが、アッチの方のボルテージは高そう。

ただ画像の方は乱れがちなので、もうちっと高画質を願い出たいものです(ボヤカシ加工かな〉。

予約に至る決断力のスピード、仕事にも活かしたいほど。

サクッと軽いスナックの如くゲットした枠に、ワクワクで過ごす当日。仕事への姿勢が違ってきます。

アクセスは栄駅から5分くらいで向かえるマンション、モロ盛り場なので、夜は何かと通りは仕上がっております。

アダルトなお店からの誘惑を振り切り何とか到着、そしてご対面です。

登場したのはケバイ感じのセクシーガールRサン。完全にアリなセラピストというイメージです。

エロさのアピールも自然な感じなので、谷間や太ももなども見ていいのかなぁてな雰囲気です。

そして嬉しいのがワンルームタイプであること。部屋は至って普通ですが、二人だけの空間なのでハプニングやアクシデントの発生にも寄与してくれるはず(ダメダメ、興奮が収まらないね)。

料金は嬉しい2,000円引き。90分が11,000円なんで、2枚で済みます(大小)。

安い料金設定にセラピストのこのエロさ、後々のチップに発展しそうですが、そこは見て見なかったふりしてシャワーへ案内してもらいます。

お決まりのTバックはごねずに装着、意味はありそうで全くないです。

マットの前にハグを要求、感のいいRサンは空気を壊さないように応じてくれる。

成長する息子がRサンのお腹あたりに当たると、「コレッ」とイタズラしながらマットへ誘導されました。

まずはうつ伏せから。「コレッ」が効いているのか、とっても従順に従う私。

Rサンもそれに合わせて、健全な入りで指圧です。

淡々と続く押し込み、見た目に似合わずちゃんとしたマッサです。

気持ちいいのですが、こういうお店では少々もどかしく感じてしまうのは、私が毒されているせいでしょうか。

オイルに入ってようやく落ち着く。待ちに待ったため、ファーストタッチが大変エロく感じてしまう(これを狙ったのなら、侮れないセラピストです)。

ふくらはぎ太ももと、上がってきてからのカエル脚。ゆっくりぐいーっと手の平で鼠径リンパへ。

それを数回行った後に、ぐいーっが止まらずに、そのまま紙パンツの中まで侵入。当たるというよりタッチに近いです。

オイルによってうまい具合に手に納まらない、しかしそれを狙っているようでもある。

暴れる弾くが股間を熱く固くさせてくれます。そんなそんなで仰向けになると、Rサンの表情はニヤリと大人の微笑に変身。

「覚悟できてる」なんて手さばきが、キワキワエリア全体にスプラッシュ。舞うように動くフィンガーテクから、地を這うようなストロークは根元から握りあげるように、股間をピスティング。

となると、もっとほしくなるのがRサンの手触り。

「ちょっと待って」タオルで拭き拭きと手のオイルを落とした後は、何かロックフリー。

モミモミとエロ大福の触感が楽しめました。「またきてね」に「また行っちゃいまーす」。

情報局ポイント

メンズエステ『キャンベル(CAMPBELL)』

セラピスト:Rさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ