『極潤』体験談。愛知名古屋のオイルを少し多めのオーソドックスなメンエス。

迫力のヒップが目の前で動くとスゴク興奮。

リース会社に身を預けている、40歳を完全に超えたばかりの会社員です。メンズエステには月2,3回、健全店からグレー店までいろいろ巡るのが好きです。極論で言えばオジサンのマッサージ店でも良かったりして。

とにかく体を触ってもらうことを求めているのかも。今回は『極潤』てお店なんだけど、どうも衣装が気になる感じ。

アマレス風のインナーでって言うのが、ラインフェチには最高のご褒美になりそうなんです。電話は男子スタッフとのやり取り、特に変わり映えのしない言葉を伝え、予約完了となります。

ルームがあったのは栄エリア、駅からも近くて便利、ホドホドに街も盛っていることからムラムラしてても変人じゃないかな。インターフォンを押すこと、扉の向こう側から声がする。

立っているのはムチリッとしている「Ⅰチャン」小柄でボブ風のヘアースタイル、ルックスはまずまずです。ああそうそう、色がとても白くてハンペンみたい、口紅との紅白のコントラストが強く印象に残ってる。

注目の衣装は、初めてからなのかまずはお出迎えの控え目なものでした。部屋は広めで綺麗で良いですね。マットは大きく数枚のタオルが敷き詰められてて、寒くならないよう温かくなる気の機能もアリ、その他ソファだなんだと置いてあって問題ないです。

同意書などへの記入をしてから、支払いは90分14,000円でした。新規なので2,000円の割引後の価格です。洋服をカゴに脱捨ててシャワー、紙パンは必須といわれてしまいます。だけどシャワー後には待ち遠しかったアノ衣装、サイトの動画とは少しイメージが違っていました。

ユニクロとかで見るパットの入ったタンクトップに黒のショートスパッツ。アマレスをイメージしてただけにガックリです。けどよくよく考えれば、多分ノーブラだし、ムチムチ体型でのスパッツも十分に形が浮き出てます。

マットへうつ伏せで揉みほぐしから。揉み力はある方かな、なお衣装はとても動きやすいらしい。ラインが強調されるのは恥ずかしいみたいだけどね。そういわれると見てしまうし、話のネタとしてもぶっこみ続けました。

意識改革が成功したのかⅠチャンもその気になって、お尻をこちら側に向けてくれるのです。要望に応えてくれるタイプなのかも。オイルマッサ、足から跨るように。それなりに足裏やかかとには当たりますが、腰を浮かせちゃうのでホドホド。

股の間に手が入り始めると指が強く押しつけられて、そんなところ指圧するんですかってなる。もし菊にこれをされると、間違いなくズボッですな。カエル脚は後ろ向きでしてくれました。体を曲げてお尻を見ようかなってなりますが、座っちゃってるのね。

まあ後々四つん這いで突出し見せつけがあったので、堪能はさせてもらいましたけど。その後は背中、仰向けでの首や肩と続いてアノ体勢(69)もありました。迫力のヒップが目の前で動くとスゴク興奮する。

秘部がかたどられるので、パンティよりもある意味卑猥でもある。ただ顔の上には中々来ないので、大人しめの69施術なのかな。タッチ方面では、まあまあかな。だってその間お尻を掴んでたから、お腹とか手の時もそれ以外のところをタッチさせてもらってた。

あとは脚のオイルマッサをして、ストレッチをしてカエル脚鼠蹊部と両手での真ん中意識のマッサ。かなりのキワキワでオイルもたっぷり、手にはガシガシ当たってるのと腕に挟まれてる状態。

勃起度もBNBNだけど、オイルのヌルヌルかグリップ力を削いじゃうのかな摩擦不足で誤爆には至らなかった。評価はオイルを少し多めにしてあとはオーソドックスなメンエスかな。衣装も嫌いじゃないけど、もう少し先を見たくなるって欲望も湧いちゃうね。

もっと透けるスパッツにしたり、密着があれば嬉しいんだけど。

情報局ポイント

メンズエステ:『極潤』
セラピスト: Ⅰさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

 

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です