『アイラ(Relaxation Salon AIRA)』体験談その1。愛知名古屋のあともう一歩

焦らしプレイが続いてしまう

『アイラ(Relaxation Salon AIRA)』を利用した際の体験談です。

愛用のタブレット端末の充電がなかなか完了しないことが最近の悩み事、これって買い替え時なのかな。

とてつもない平和な日常を送ってる無職の33歳の土田です。生真面目な子なんですけどね、ハローワークにも通ってるんですけどね、たまに。

そんな現実と少し距離を置きたくなった時には、メンズエステに行っています。

無職でメンズエステとは何たる贅沢とのお叱りを受けそうですが、少しばかりの手持ちはあるのでご安心を。

さて今回は、名古屋市内でも日本人のメンズエステ店未開の地とされる名東区藤見ヶ丘(藤が丘エリア)に誕生した『アイラ(Relaxation Salon AIRA)』へ行ってまいりました。

『アイラ(Relaxation Salon AIRA)』

セラピストの雰囲気もそれなりにエッチそうですし、そこそこ楽しめるんじゃないかってワクワクさせながらの訪問です。

初めての場合はフリーで予約を入れると100分コースが2,000円オフ。まずは手始めにこれでお願いすることに。

予約時には電話スタッフから「初めてですか」との問いかけがあったので「そうです」と返し、スムーズに成立しました。

改めて、最寄駅は藤が丘駅。名古屋駅からでも東山線を使えば30分以内で到着できるという、意外とアクセスに利便性が高い駅です。

そこから徒歩5分くらい、線路の高架下を歩けばマンションへ到着できます。

到着のコールを入れて部屋へと向かいます。誰が出てくるのかな、事前のスケジュールチェックもしてないので、真っ新な気持ちでセラピとご対面です。

アラサーセラピのHさん。イメージ的には美人系、スタイルは少し小柄で普通体型って感じですかね。

良くも悪くもないフラットな第一印象です。部屋は複数あるファミリータイプ。人の気配はそこまで感じなかったですね(皆さん行儀よく過ごしているようで)。

オープンしてまだまだ日も浅いようなので、清潔感も意識しているようです。

料金は100分16,000円(割引後)、コースはアイラオリジナルコースです。

何がオリジナルかは追って教えてくれるのだとか、勿体ぶっちゃうHさんです。

シャワーは共有なのでササッと、シャワー後は部屋を間違わないように一人で帰還しました。

少し待たされ、Hさん再登場、マッサージのスタートです。タオルの上からストレッチ中心、ほどなくしてふくらはぎからオイルです。

あまり上手いって印象は持てないかな、でも理解力は高そう。会話の端々にもメンエス的内容が散りばめられてたからね。

太ももからカエルになると、足を曲げるだけじゃなくセラピの太ももに乗せるスタイルへ。

この10センチ15センチの隙間ができたことで、鼠蹊部へは容易に連絡できるように。しかしせっかくのスペースも中々活かされず、焦らしプレイが続いてしまう。

鼠蹊部と言えば鼠蹊部なんですが、そうじゃないですよねえ。「もう少し中心部を」ってリクエストにより、ようやく納得できる深さに。

お願いしてやってもらうのも風情に欠けるので、堅さはハーフです。四つん這いもありました。

お尻が弱点との見極めにより、責めて来るHさん。もしかしてSタイプのセラピになるのかなと、反応を増やしてみると、逆にお預けプレイが施行されてしまってアララララ。

指先チロチロしながら「してほしい?」と、恥ずかしい体勢な私は、ここで格好つけるわけにもいかず「ハイ」と従順な僕となり下がるのです。

仰向けになってもこの関係性に逆転はなく、終始Hさんペース、でもなぜかビンビンに。

勢い余って触ってしまうと、パシッと退けられる始末。これでは終われないと頑張ってると、多少の寛容さを見せてくれることに。

終わりに近づきセンター鼠蹊部へ。強弱が繰り返されフル勃起とまではなるものの、達する刺激にはならない。

次はどうかな、来ちゃうかも。

情報局ポイント

メンズエステ『アイラ(Relaxation Salon AIRA)』
セラピスト:Hさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ