『ゆりかご名古屋』体験談その5。愛知一宮の熟女との濃密な駆け引き

オススメのお店

大阪

オススメのお店ーエムズスイート
オススメのお店ーお姉さんと妹の部屋
オススメのお店ーシュプール
オススメのお店ーミセスサラ

 

 

 

オイルまみれになりました

『ゆりかご名古屋』を利用した際の体験談です。

毎年悩まされてた花粉症を予防接種で改善するに至った、スーパーマーケットで働く40代の野田です。

春先ってこんなに気持ちのいい季節だったっけ?と不思議な感覚です。そしてオイルエステは『ゆりかご名古屋』。ゆりかごの中で眠るように、ゆったりまったり出来たのかな~。

『ゆりかご名古屋』

冗談はさておき、何度か使っているけど、満足度に比べて勝率が低いのがこれまでの流れでしたが、果たして覆すことになったのでしょうか。

予約はライバルに先を越されてスライドすること2回、この場合の禁欲生活みなさんはどうされてますか。過ごし方が難しい。

そんなこんなでお店に向かう、尾張・名鉄一宮駅から歩いてすぐ(2分ほど)のところにあるマンション。

コインパーキングもあるので、アクセスに関しては言うことなし。名古屋市内よりも混雑しないのもいいよね、さすが郊外時間の都合が付きやすい。

マンションへ到着し、セラピとの出会いを果たします。

今回のお相手はMさん。正真正銘の熟女ですが、グラマーな谷間を持ってますし、青いセクシーな衣装がエロいんですね~。

部屋の薄暗さに乗じて、ジロジロと視姦をしてしまいました。

何かねMさん、ジロジロすればするほど艶めかしくなってるような感じ。男の視線に反応してる気がします。

部屋はとてもシンプル、ムダなものを置かずに必要なものだけを配置してますよって。

装飾的なものとしては植物と照明くらいでしょうか。マットに敷かれていたタオルやシャワーの後のバスタオルなど、フカッとカラッとで使い心地ち良好でしたね。

料金の確認、90分コースが15,000円、それにオプション付けて合計16,000円です。

熟女店にしては強気設定と言っていいのかな、それでも行ってしまうってことは。

服を脱ぎバスルームへ、シャワーを浴びて、この時間はゆっくりしていいんです。マッサージの時間とは別口ですから。

健全店ならこれが当たり前かな、メンエス通いが中心となってしまったことで感覚にズレが生じてるかも。

うつ伏せから始まったマッサージの腕前は若干弱め、ソフトに押したりナデナデ。

力加減は聞いてくれるも、強め希望はいつの間にか元に戻っている、あるあるですよね。

だけどね、メンエス的な開始は比較的早い、ジワッと太ももから股の間などをフェザータッチでこじ開けてくる。

自然と開く私の足、そこに自然の摂理で指先が侵入してきてジワジワっと。足をカエルに曲げてのリンパは、第一ストロークから深い。深いので玉や竿に当たります。まるで確認事項のように。

深くなった時に、Mさんの吐息が聞こえるんです。熟女が一生懸命な証かと思いますが「ウッフン」「アッハン」と、どうしてもイヤラシイ声に聞こえてしまいます。

ただパンツの上を越えることはあっても、侵入となれば横から指先だけを控え目にと、駆け引きも混ぜてくるんですね。

その後は四つん這いをして背中、頭上からのマッサージ。頭上からは距離も縮まったことで、了解を得てお触りへ。

艶めかしい太ももが誘ってますから。お触りには寛容でも、余裕のリアクションがちょっと残念。

もっともっと敏感さを求めてみると、少し反応ッ。ギュッと力が入ったのが分かりましたが、すぐに仰向けコール。

塩対応に見えたのは攻守交代の合図でした。デコルテからお仕置き混じりのOPIスタンプ。

そのまま手を伸ばして下腹部へ「ごめんなさいね」と乗り越えてゆくMさんのお股がとっても卑猥に。

暗がりでも暗視能力を身に着けた私のEYEはしっかり捉えました。

その後は攻守交代を繰り返しながらのメンエスバトル、オイルまみれになりました。

余計な盛り上がりがあった分、終わりに近づくにつれ、少し寂しさがありましたが楽しかったです。

サービスの許容度と安定感は見事、今後も定期的に行くでしょうね。

情報局ポイント

メンズエステ『ゆりかご名古屋』
セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

ガチオススメ販売ページ

2018ガチ紹介

人気店ランキング

ソクセらバナー