『Luxury aroma風薫る2018』体験談その2。福岡博多駅前のニュルニュルにビクビク

擦り上げとニュルキワのコンビネーション

『Luxury aroma風薫る2018』を利用した際の体験談です。

仕事から帰ってホットな食事にありつこうとレンジでチン。

しかし突如としてパンッと強烈な閃光と共に何かがはじける音が。

そうです、独身生活の相棒のレンジ君がチーン(合掌)となった瞬間です。

仕方なく冷めたままの弁当を食べざるを得なかった、30代半ばの自動車整備工の杉原です。

この寂しい生活に一時の清涼感をと、よく利用しているのがオイルマッサージ。この前は『Luxury aroma風薫る2018』に行ってきました。

 

『Luxury aroma風薫る2018』

 

イベントのような店名がインパクトを残すコチラ、「美女・技術・癒し」の三本柱がコンセプトのもよう。

どれどれとセラピストチェックをしてみると「うんッ」どっちか分からない。セクシー要素は高めだけど、美女的なものが画質のせいで伝わりづらいのかな。

とはいっても、お胸アピールは予約を入れる口実には十分ってこと。指名と合わせて準備を整えました。

アクセスについては博多駅の徒歩圏、久々に時間に余裕があったので、駅前でゆっくりしながらマンションへと向かいました。

いつもなら素通りしているような駅ビルの中を優雅に回遊、意外と楽しかったです(これからはこういったルーティーンもアリかな)。

よい感じのマンションに到着、オートロック解除後にエレベーターでチン(この音にナーバスな時期でした)。

そしてセラピストはYチャン。若くてピチピチ系。

一応な営業スマイルで出迎えてくれたYチャン、ここでチェックしたのがボデーライン。何とも美味しそうなオッパイや太ももをしたボデーではありませんか(衣装も効いています)。

お部屋はチェア&マット。のど越しの良いお茶で、改めていらっしゃいませとなります。

ななめ上から見下ろす図は、角度的に秀逸でお顔、胸、太ももと順番に楽しめます。

癒しトークの後はお支払いタイム、90分でキャンペーンで指名料無料の12,000円でした。

そこからシャワールームへ移動。先にお湯を出してくれていた心配りがいい感じ、おかげでヒヤッとするあの感じが無くてホッコリです。

脱衣サポートはナシですが、ズボンに手をかけ脱ごうとするところまで居てくれましたね。

アメニティグッズ多数で、ボディソープで体臭を一蹴し準備万端です。

Yチャンに促されるようにマットへ。その前にスッと近づいてくると思ったら、巻いてるタオルを取ってくれます(ドキッ)。

下向きに寝るとマッサージ開始。柔らかいお手当てによるほぐし、圧は弱め、鏡を見ると腰を下ろしたままなのでそりゃそうでしょうね。

ここは手短に済ませてオイルへ移行。少し多めに取り過ぎたのか、ふくらはぎにポタポタ、ちょっとビクンッとしちゃったじゃないか。

ここでもフンワリなトリートメント。体温高めなのか、温かい掌がふくらはぎから太ももへとゆっくり。

まずは内ももへ、そしてヒップ、頃合いを見てカエルって流れかな。

それなりに勃起させられるので、ウットリしながらもう一息ってところで逆サイド。

緊張がほどけたアソコからはタラッとした何かが。もう一度仕切り直しでカエルまで。今度は少し激しめにアプローチしてくれるので、大人しかったアソコは元気ビンビン。

Yチャンの指先も、いい具合に当てられてきて悶えます。

「動いてますよ」に「動いちゃいますよ」で返答。するともっと動くようにって、シコシコってこのイタズラちゃん。

しばらく紳士的な時間が過ぎ往き、癒しの時間もお開きムード。

私の心の声は「来るぞ、来るぞ」。足元から迫ってくるYチャン「失礼しますよ」と足を広げてよくみる定位置に。

擦り上げとニュルキワのコンビネーションがアソコとアソコを重点的に。

意外な結末にドハマリしてしまいそうです。

情報局ポイント

メンズエステ『Luxury aroma風薫る2018』

セラピスト:Yさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

福岡のメンズエステの記事

福岡のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ