『アロマエステひととき』体験談その1。北海道札幌のズバズバ決めてくるのにエロスを見せようとはしない焦らし。

妖艶なご婦人に背中を預けてピヨピヨ。

外壁リフォームの会社に勤務する20代男性の持田です。

気候が安定している時期などは、結構忙しくさせてもらっております。忙しさが一段落すればエステがある、それがモチベーションでもあります。

今回は、そこそこご無沙汰振りだったので相当体がオイルを欲しており、ゾウの鼻息だったかも。行ってきたのは『アロマエステ ひととき』と言うところ、比較的新しいお店になるのかな。

セラピストは30代40代が盛りだくさんで具だくさん、とにかく行っとけですな。サクッとメール予約、電話で繋がらなかったら嫌なので僕はこれが基本、ラインはイマイチ使いこなせない時代遅れ野郎なので。

確定後、メール連発で住所も知らせてくれました。札幌中心部から東西線を使うこと約10分、最寄駅の白石駅に到着。

まだまだ街中風情が漂っていますが、一歩横道に入ればすっかり郊外の住宅街という雰囲気です。少しふらつき約3分、早ければ1分も掛からないマンションに入室の願い出。

快く応じてくれたセラピストはAさん、お姉さん的な雰囲気に一片の陰りなし、熟れた熟好きメンズならバンザイ三唱したいとこ。

初っ端からセクシー見せつけで、僕チンのチンチンがチンチンになっておます。スタイルもスリムと見せてパイボリュームもしっかり。

部屋は普通のワンルームで施術はマット式、鏡は一応あるけど小さいのでパノラマは楽しめないかな。ピンポイントの景色をどうぞって感じ。また照明が如何にもな色合い、この色に熟女が照らされれば、エロ度も急上昇ってことなのです。

受付の時からノリの良いAさん、しかしメニュー案内に際して特にオプションを要求するようなことはしてこない。

「僕ちゃんにはまだまだ早いのよ」と言われてるようです。「いつまでも子ども扱いすんじゃねェ」「俺だってやる時はやれるんだ」と意味深過ぎる「ピンポイントディープマッサージ」のオプションを追加。

支払額は新規割で90分が9,000円、OP2,000円プラスで11,000円です。シャワーを浴び終えれば、いよいよな時。

妖艶な笑顔でマットに案内を受けます。マッサージが始まるのか、ナニが始まるのか、もうどっちか分からなぁい。ってのは雰囲気だけ、まずはしっかり目のほぐしから「こうしてこう」「もっと力抜いてぇん」こんな会話だけ聞けば、何をしてるんだってなりますが、至って健全なストレッチ。

タイ式風でグイグイ筋伸ばし、密着度を考えればそこそこいいかも。お次はオイルが垂らされてのマッサージ。力強さが印象的、コリにはめっちゃいいかも、でもなんでだろうかアッチも気持ちよくなってきてるぞ。

太ももからすでにキワへのアプローチを見出しているかのように迷いないラインでズバッビシ。「はうっ」正直すぎる僕の反応に「どうしたの?」なAさん。

ズバズバ決めてくるのにエロスを見せようとは中々しない焦らしガッツリという新境地を見ました。

第一の体位としてカエルポーズ、ガッツリはそのまま継続、深いけどあくまでリンパ主体。とは言え大人しくしているって訳ではなく、しっかりと竿への微擦りを入れてくれましてありがとう。

横向きもあり、妖艶なご婦人に背中を預けると籠の中の小鳥はピヨピヨするだけ。あっは~ッ、そんな吐息に移ろう時間が永遠であればいいのに。あまりにもピヨピヨなんでキワはセーブされてるっぽい。

仰向けは大胆な押し当てと言うより重なり合い?上半身が顔の前に、左右左右と動くとシアワセな衝突を味わえて。

そろそろピンポイントのお時間、ピンポイント二箇所責めから一箇所へと内よりへ。マッサージは耐え切れないほどの込み上げてくるものとなって・・・。何事も無かったかのような笑顔が印象的。

終わった後にドキドキしてしまうとは、ちょっと通ってみるか。

情報局ポイント

メンズエステ:『アロマエステ ひととき』
セラピスト: Aさん

男のお得情報局お勧め度:★★★★☆

北海道のメンズエステの記事

北海道のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です