『ピュアリア(Purelia)』体験談その1。名古屋中区で小悪魔セラピに癒やされる

オススメのお店

東京

オススメのお店ーファンシーローズ

大阪

オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

ブニュンとヒップな感触

『ピュアリア(Purelia)』を利用した際の体験談です。

地元の小さな小さなケーブルテレビ局で働いている、40代の市川です。最近巨乳のスタッフが入ってきて、ドキドキしています。

そのスタッフはカメラの前での原稿読みなどもしていて、巨乳アナの風格。ある日のニット姿は永久保存版です。

とはいっても彼女にするには無理っぽいので、私は他で慰めてもらうことに。

向かったのは、はるばる新幹線で名古屋です。名古屋ならいい感じのお姉さんのお店がいっぱいあるだろうと。「ムフッムフフフッ」自然に笑いがこみあげてきて、完全に危ない奴。

ダメだこんなんでは、せっかくのお姉さんたちに不信感を抱かせてしまうと、二枚目風情に連絡をつけたのが『ピュアリア(Purelia)』というメンズエステです。

 

『ピュアリア(Purelia)』

 

選んだ理由はいくつかあって、ひとつは予約が取れたから。

ふたつ目が施術時間とシャワーや受付時間がべつだから。

みっつ目がいい感じのセラピちゃんが居たからです。

まあなんていいましょうか、タイミングというやつでしょうかね(ちょっと違うか)。

電話対応は問題なく、親切系でした。アクセスに関しては、名古屋駅から中央本線でぐるりと鶴舞駅まで。そこから約10分くらい歩いた閑静なエリアに、お店となるマンションがありました。

レトロ風なおしゃれマンション、築年数も意外と浅いようで、室内も中々特徴的なつくりをしておりました。

さてご対面となるセラピストは、女性としての魅力を放ちはじめた30代中ごろのSサン。

大人系セラピは安定的な色気の持ち主で、垣間見えるしっかり者感もさすがの三十路レディです。

ボディはトレーニングに精を出している一面もあるらしく、引き締まり系でたるみナシ。肌は白く、日焼けとは一線を画している模様。

コスチュームは胸元深めでアララララ、「ブラは?」との問いに。

「着けてますよ」とチラリッ。でも気分によってはノーな時もあるとかないとか、「今度確かめに来て」だってさ。

上手いなーッ、まだ受付段階で次回の予約をしておこうかと思ったくらいです。

コースは90分で14,000円。先ほどの理由のように、シャワーの時間は余分に取られているので、ゆっくりできます。

Sさんの「手伝いましょうか」を「洗ってくれるの」と勘違い。

「じゃなくて」と、パンツ一丁になるまではSさんのサポートアリでした。

サッパリの後、これまたフキフキとおもてなし、何か新婚さんプレイみたいな雰囲気です。

広い空間に敷かれたマットにうつ伏せ、オイルマッサージはよくあるくるぶし辺りからふくらはぎ、太ももという流れ。

足の上に跨ってくるので、ブニュンとヒップな感触がちょいちょい見られます。

足の運動なんてしてみたところ、「コラッ」とヒップで抑えつけられる。これはこれで成功例ではないでしょうか(ありがたい圧力でした)。

マッサージの方は丁寧なので、キワキワだけこなしておけばいいでしょとはならず、そこに達するまではチト長め。

いざキワになると、お尻のラインを微妙に外から。鼠径ラインはもう一息ほしいといった感じです。

背中では跨りと頭上からというのがありまして、跨りでは密着感を少し、頭上からでは太ももとパンチラシーンにクローズアップ。

仰向けになると色っぽいのが手のマッサージ。さりげなく腕を自らに引き寄せて揉んでくれるので、私の指先はパイ~ンに数センチ未満。

「グー気味だったのをパーにしてみようかな」「Sさんも期待してるんじゃないの」と目まぐるしい葛藤の後、一本ずつ伸ばしてみると。

トップに当たっちゃいますよね。当たったまでは無反応、指をサワサワッと動かしたところで「クスクスッ、くすぐったいですよ」。

このシーンはハードディスクに収めておきたいくらいです。

抜きとまでは行かないまでも、中々のスパートもあり、本格始動は二回目からかな。

情報局ポイント

メンズエステ『ピュアリア(Purelia)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆