『リッチクイーンアロマ(RichQueenAroma)』体験談その1。博多駅前の王道店

体験談販売ページ

人気店ランキング

絶妙なタッチのキワキワアプローチ

『リッチクイーンアロマ(RichQueenAroma)』を利用した際の体験談です。

35歳でフリーターをしている浜田です。

現在女性との唯一の触れ合いの場となっているのが、メンズエステやリラクゼーションサロンの類。時間いっぱい女の子が体に触れていてくれたり、さらにその上の寄り添いがあったりと貴重な一時を楽しませてもらっています。

私はもうそろそろ40歳が見えてきた年齢にも関わらずアルバイト店員というスタンス。これでは女性もよってくるはずはありません。

でもメンズエステなどの女の子たちは、私の事をいろんな意味で立ててくれるのです。

商売だからとか、そんなことは重々承知。あの笑顔があるからこそアルバイトに励める。そうやって前を向いています(もしメンズエステが無ければ今頃ニートです)。

私がエステのために出向くエリアは主に福岡市内。最も手っ取り早く店舗数も豊富。しかも施術、セラピストのレベル共々上級ランクとくれば、他の選択肢はほぼ考えられないのです。

つい先日も、友人などに知らせることなくコッソリ行ってきたのでその時のことを発表します。

お店は『リッチクイーンアロマ(RichQueenAroma)』。ウリは美女揃いと名高いセラピスト陣。あと有資格者の姿がチラホラ、こういうところ私は大好きです。

 

『リッチクイーンアロマ(RichQueenAroma)』

 

腕に覚えがあるからこそ、核心部にアプローチしようとする意識の高さが、思っても見なかったケミストリーを発生させる可能性があるからです。

予約前の選択タイム。もちろん狙い目は資格を有しているセラピスト。ご丁寧に、紹介ページでしっかり表示されているので分かりやすかったです。

その中で選んだのがHさん。女の子の可愛らしさと、大人の女性が見え隠れするお年頃。プロフィール写真も訴えかけてくる何かがありました。

出勤があまりみられないセラピストなので競争率が高そう。当日はほぼ無理だと踏んだ私は、いつになく計画的で行動的な事前予約を完了させます。

当日は博多駅から徒歩で指定されたマンションへ到着。お出迎えのHさんは、想像していたよりも上キレカワセクシーセラピでした(プルプルの唇が官能的)。

さて部屋の方は、まあ良い感じ。清潔感があってマットタイプで、メンズエステを受けるには最適の環境と言えるでしょう。

コースは100分、料金は12,000円(初回指名料ナシ)のお支払い。

いろんなオプションが存在するこちらのお店、いろいろ追加しやすいようにコース時間内でのカスタマイズタイプとなるようです(1,000円から3,000円)。

ちょっと反則技チックな気もしないではなく、オプション追加はナシでファイナルアンサーです。

そこからはサクサクの連続。素早く服を脱ぎ、シャワーを浴びてマットにダイブ。テキパキとした行動が普段に活かせないものか。

さて状況は整い、Hさんのマッサージショーの開演です。

適度な力加減から始まるマッサージに心が解放されていく感じ。背中から腰、お尻、脚など一通り揉みほぐしです。

オイルの開始は足先から。力加減は少し弱い印象ですが、手の平のピタッと感がいい感じ。

軽やかなリズムでふくらはぎから太ももへ。キワキワ付近を窺いながらのアプローチはタッチが絶妙。「そろそろ来るかな」というところで引いていく。そして再び「そろそろ」からの引き潮。ラストに少し踏み込みがある程度。

序盤なので「まあまあ、こんな感じね」と気持ちを作るのですが「ドクンッ」と嫌な予感も芽生えてきます。

腰や背中は体重も乗ってか、普通に気持ちいいマッサージ。会話も適度に楽しめました。

声のトーンが可愛いので、彼女だったらいいのになと勝手に妄想し幸せ気分に浸ります。

仰向けになるとHさんと目と目が合う場面が多数。デレデレ照れながら、気が付くとタイムアップとなりました。

キワキワもあるものの健全レベル。おさわりに関しては彼女のコントロール下に置かれているようで、手さえ伸ばせない雰囲気でした。

「リピは」と問われると、コース自体にまだ伸び白があるので可能性はあるという感じです。

情報局ポイント

メンズエステ『リッチクイーンアロマ(RichQueenAroma)』

セラピスト:Hさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆