『ケアル(carel)』体験談その1。東京麻布の大人的でおしゃれ。男性の隠れ家。

ティラリラリン、ポロポロロン。

30代後半の会社員合田です。勤め先はスポーツウェアなどを展開しております。

先日こんなことがありました。四国出張時に遊んだメンズエステのセラピから「都内にもあるんですよ」と、まさかの発言。早速ググったところ、アレ本当だ。

店名は同じだしサロンのマークも同じだし、逆輸入的に存在を知ったのが『ケアル(carel)』です。

 

こうなったら食べ比べしてみたくなりますよね。まずはセラピから、さすが都内、在籍数が多い。レベル・クオリティーも十分高そうです。

一日当たりの出勤数は5人前後、まあこんなもんでしょう。電話には男性スタッフが対応、不適切な感じもなく至って友好的です。

お店の品位を損なわないように接客への心配りはセラピのみに非ずですね。アクセスは麻布十番駅4番出口からドスンなマンション、近すぎて足元しか見えない感じですかね。

上手い具合にドラッグストアなんかもあって、お兄さん精力足りてますか?なドリンクを補給することも可能。

「到着しました」と連絡で秘密の部屋番号を教えてくれます。あとはオートロックに打ち込めばいいだけです。

担当はIさん、油断してました私と同世代の大人です。こういうお店だとより大人っぽく見えちゃうのかな。

でも色気はかなりの放出系、ボディのラインが激しい。見られても動じないどころか堂々たるもの「セクシーですね」と声に出しても「そうですかフフ」その余裕が羨ましい。

でもそれが存分に視姦出来た要因でもありますかね。目に焼き付けようと頑張ったのに佇まいの色気が印象に残っているから不思議。

部屋はワンルームで麻布十番のイメージそのもの、大人的でおしゃれ。男性の隠れ家、恋人たちの憩いの場とでも言えますね。

マットには防水仕様のものが採用されており、若干寝心地に問題が。オイルタラタラならオッケーなんですが。

お茶を飲みつつサインをして、エクストラコースの90分17,000円を支払います。

しっかりとしたシャワーの水圧のため体を清めるのに時間はそう掛からず、パンツ装着でマットに横たわります。

まずはホグシ体全体にグリグリが伝わり、湯船に浸かった時のような声が出てしまう。

Iさんは「全然良いんですよ」「恥ずかしい声も遠慮なさらずに」先走り過ぎの一言も。

オイルに移ってトリートメント、トロンとタランで滑りは良好、タップリな感触と共に縦横無尽なストロークです。腰の入った圧も好感触、太ももを使う場面もあり柔らかで充実感に満ちるのです。

ターゲットをキワキワに定めてからは、一段と「イヤ~ン」なトリートメントに。ここで先ほどの忠告を思い出して感じて見たところ、焦らされ放題、なのにもかかわらずビンビンになってる竿を感じて「どうしたのぉ」とIさんのイジワル。

踏ん張りの利かない四つん這いでは、竿や玉に対して指先の抵抗が強くなります。そしてTバックがずれたら菊の方も本格的に、入口がこじ開けられそう、覚悟を決めた瞬間スルッとかわしていく、簡単に手玉に取られてます。

頭上からのパンチラゾーン、膝立ちで見えないってどういうこと。リクエストも却下、イケそうなんだけどな。仰向けでは「あっ」膝立ってる顔の上に跨ってきそう、ぱさっタオルが掛けられてオゥノー。

俺はまだ戦える、セコンドからのタオル投入に激しく抗議したくなる気持ち。再度足元から、豪快にグォォと付け根まで。谷間は素敵に揺れてます。

目線を下げれば股が広がってるので見えてます。もしかして本日初のパンチラかな。そんなところでセンターの鼠蹊部。

ううんメロディアス、縦笛を操るかのように華麗なる指使い。ピーとかプーとかそんな音じゃない、ティラリラリン、ポロポロロン。

耳元で「気持ちよかった」その言葉で気が付きました。数秒間、ぶっ飛んでたようです。言うまでもなくスゴッでした。マッサージはもちろん楽しませ方もね。だけどリピにはもう少し寛容さも欲しいかな。

情報局ポイント

メンズエステ:『ケアル(carel)』
セラピスト: Iさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です