『レジス(REGIS)』体験談その1。恵比寿で満足フルコース

野比のび太アプローチ

『レジス(REGIS)』を利用した際の体験談です。

阿波踊りを初めて見に行って、にわか踊り子と化した40代の不動産会社の社員の山田です。

阿波踊りって楽しく賑やかなイメージばかりが先行しておりましたが、女性の踊り子さんが垣間見せるエロスが何とも言えない。

特に手先の動きに魅了されてしまいました。

そんなことが私の中でずーっと残っていたのでしょう。東京に帰ってまずしたことといえば、女性の手に癒されること。

オイルマッサージの店にコッソリ入店してきました。場所は恵比寿、店名は『レジス(REGIS)』

 

『レジス(REGIS)』

 

「恵比寿のレジス」とっても言いやすい響きですね。

お店の特徴はといえば、分かりやすいシンプルな料金設定ってところ。

60・90・120とあって、そのすべての基本サービスに通常オイルからディープやホイップなど、オプションとなるものも含まれているのです。

コミコミ料金なので多少高くもなりますが、受付時にオプション追加の攻防が無いのがメリットなのかな。

アレでセラピのテンションがガタ落ちってこともよくありますからね。

あとセラピストの雰囲気はといえば、何か丁度いいピンクな色気が漂っている感じ。美人店よりもそっち方面にシフトを傾けているのかもしれません。

予約時の電話対応は丁寧で、説明もしっかりしてくれます。

無事予約を終えると、ショートメール受信。秘密の場所への案内状です。

それを頼りに恵比寿駅から、徒歩で約5分ほどのワンルームマンションへ。お出迎えセラピはモッチリボディがかわいいSチャン。笑顔も柔らかな癒し系女子です。

部屋は普通な感じ。防水仕様と思しきマットをチラッと確認し、ムフフな展開を予想します。

この辺りに時間を費やしてはならないのですが、Sチャンとのやり取りが楽しいので意味なく談笑してしまいそうになるのが玉にキズかな。

そうこうしている間もなくお支払いへ。90分コース、キャンペーン割があって20,000円ピッタリです(おつりもチップもありません)。

それではと称してシャワータイムへ。早足でササッと終えると、そこにはセクシーレディに変身を遂げたSチャンが立っておりました。

コスプレとは程遠いほどのファイティングな出で立ちに、すっかりアッチも戦闘モードで紙パンツを突き破りそうに成長です。

マットへの案内は「仰向けでお願いします」とのこと。今回は、ほとんど仰向け回のエステとなりました。

「どこからします」てな提案があり、即決に指差し確認で鼠径エリアをツンツン。

軽いウケ感があり「ここからでいいんですか」なんて、同じくツンツンしてくるSチャン。

「でもお楽しみは最後の方がいいですよ」と愛おしく擦ってくれますがそこまで。

「もう少し我慢してください」と頭上に移動してのマッサ開始です。

肩まわりやデコルテ、そして腕まで制覇しようとするワガマママッサ。

伸びた瞬間には、ワザとらしくおっぱいがいっぱいにしてくれます。まあその前から頭頂部分にはふくらみを感じていましたが。

お腹へも野比のび太アプローチ、するとどうでしょう。

お股が顔の前に、いきなりのチャンス到来69スタイル。手を延ばそうかどうしようかと思ったその瞬間、私のお口はモゴモゴ塞がれがちに。

「息が熱い」というのが理由のようです。

でもそれが逆に私の息を荒立ててしまうことに。ハァハァハァと湿度120パーセントの密閉地帯が完成します。

そこから少しブレイクして足元に移動したのもつかの間、横向きにされ、そこから鼠径を徹底刺激。

外側から、股の間から、いろんな方向から鼠径目掛けてスペシャルハンドが登場してくる。

タップの合図は向かい合って呼吸を整えること。至近距離からの見つめ合いは、恋愛中のカップルのように甘い時間です。

最後はホイップに包まれながらのマッサージでとろけて終了です。

「通ってもいいですかーッ」そう叫びたくなるお店です。 

情報局ポイント

メンズエステ『レジス(REGIS)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ