『ソラシア(Sorashia)』体験談その1。東京赤羽のグイグイ爆乳スタンプ

割れ目と菊が執拗なくらいに揺さぶられて

『ソラシア(Sorashia)』を利用した際の体験談です。

上京して数年、家賃重視の物件で最寄駅までちょっと遠いのが難点でしたが、この度めでたく原チャリゲットし、駅までが格段に楽チンになった20代の会社員の坂本です。

ヘルメットなので髪が乱れるという問題は、短髪だったことで難なく解決です。

さてそんな勢いで、メンズエステに行っちゃいましょう。

私は赤羽に出没し、あるお店を目指すことにしました。そこは『ソラシア(Sorashia)』。一言で表現すれば、30代が中心となっている年配系セラピのお店です。

『ソラシア(Sorashia)』

プロフィール写真を眺めていると「ホントに30代なの」と怪しさも感じるのですが、その分エロスな怪しさに寄与。ここが私を奮い立たせたポイントかな。

あと20代の子たちもいるんですが、どうも年配系に見えてしまう。写真の撮り方が問題なのかなって。

そしてコレだというセラピを見ながら予約電話を実行、至って親切対応で無事完了です。

場所柄、愛車で出向いても良かったんですが、停めるところに難があっては困ってしまうので、電車と徒歩で確実に。

ご存知赤羽駅へと降り立ちます。東口を出て一番街商店街のゲートをくぐって真っ直ぐ、徒歩にして駅から5分ほどの道のりです。

そして到着したマンションは近くのレトロな建物ではなく、キレイな方。しかもワンルームというオマケ付きでした。

ご対面前を何度となくイメージを膨らませているからなのか、ドキドキが止まらない。確実なのはバストが立派であるということだけですが果たして。

ガチャっとドアが開くと「お待ちしておりました」と開口一番。セラピの名前はMさんです。

いや~爆乳でしたね。想像以上に「爆」です。しかも自分の魅力を十分に活かそうと惜しみないアピールに、私の視線は釘づけです。

そしてボディとお顔とのギャップ。上品な顔立ちに爆乳は反則すぎます(もうエロマンガの世界みたい)。

部屋の中もきちんとしていて清潔感あり。大きめマットと鏡という、いつものアイテムも揃っとります。

受付時にリンパ集中ケアってコースを気にしてたんですが、Mさんは「ソラシアトリートメントコースでも集中的に配分できますけど」なんて。

出されたお茶をごくごく飲み干し、黙って提案に乗っかるのでした。

1,000円の割引で90分16,000円(指名料込)ナリ。脱ぎサポもあって至れり尽くせり。そして紙パンツの紹介も演出の内かな、だってとってもエロかったから。

マッサタイム、適度にほぐした後はオイルへ素早く。サラッとした水溶性の感触が心地いい。そしてMさんの手の平も温かくてすべすべしてて、セラピスト向きですね。

耳寄り情報としては、その道で経験を積んできたご様子。なるほど、マッサ技術に関しては申し分ないですね。

「ハイ足曲げてください」お姉さま口調がイチイチエロい。ニュルリと指先を滑り込ませながら、自らも滑り込んでくる勢い。

キワキワのハズなのに、私のアソコはビンビンビンゴ。そして四つん這いと同時にタラーッと先っぽから「あっ、どうしちゃったのコレッ」Mさんが指先で拭って知らせてくれます。

「もうッ」「気持ち良かったの」なんて色っぽい口調が股間に響いて、私は身動きとれません(下手すると終わってしまいそうで)。

Mさんもペースを緩めてくれて、お尻重視。これも反則技スレスレで危ない。

割れ目と菊が執拗なくらいに揺さぶられて、さっきよりもタラーリッ。

仰向けになると顔をパイズリ状態、うう~んなんて言いながらグイグイ。

鼻が潰れそうなくらいが丁度いい刺激になるだって。そしてその体勢から下腹部まで伸びると、顔の前にはスカートの中身が。

際どいっていうかなんというかね。私からもお礼させてもらいながら、マッサージの時間は過ぎゆくのでした。

かなりなセラピで、久々に腰が砕けそうになりました。

マッサもさることながら、Mさんとのおしゃべりも心に残っているのは、いろんな意味で満足できたってことでしょうかね。

情報局ポイント

メンズエステ『ソラシア(Sorashia)』
セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ