『アルビネス(ALVINESS)』体験談その1。愛知名古屋で理想的な柔肌にポワンと癒される

オススメのお店

大阪

オススメのお店ーエムズスイート
オススメのお店ーお姉さんと妹の部屋
オススメのお店ーシュプール
オススメのお店ーミセスサラ

 

 

 

スルリスルリと順調に上がってきます

『アルビネス(ALVINESS)』を利用した際の体験談です。

ユルユルになったボクサーパンツを処分して、パチンッとフィットするおニューへ一新した、40代の健康食品系の会社員の中野です。

締め付けるとアソコに良くないって噂があるみたいだけど、僕の場合はこっちの方がしっくり来るし、感度も上がる気がするんだよね。

意識レベルも向上すれば、新店への反応速度もアップするってこと。場所は名古屋市内のちょっとした穴場スポットの池下エリア、お店は『アルビネス(ALVINESS)』というところです。

『アルビネス(ALVINESS)』

こちらは何と言っても、セラピが顔出ししてるとこ。多少弄ってるかもしれないけど、それを差し引いても美人度高し。それに顔が見えると、気持ち的にかなり前向きになれるよね。

アポ電をすると男性の声、対応は悪くなかったように思います。でも指名には言及されることなく流れのままに予約を取ってしまい、結局お任せになってしまうのでした。

時間に合わせて行動開始、とりあえず池下駅に到着してれば問題なし、徒歩1分の駅前ビルだからね。横断歩道は手を上げて渡りましょう。ピンポンするとセラピストに出会えます。

Tさん、ふわっとした印象で天然ぽいキュートさん、守ってあげたくなるタイプです。

そんな自分のストロングポイントを知ってる節もあり、潤んだキラキラ目線で訴えかけてくる。「オジサンに任しときなさい、一体何が欲しいんだい」そんな言葉を発してしまいそう。

そして制服はプロフィールのまま、タイトな町娘風チャイナ服?動きやすさを重視してるかのような機能面と、男性のニヤリを誘う露出を備えた超ハイブリッドとでも言っときましょう。

あと部屋は広大です。立派なマットが構えており、負けず劣らずの鏡がさらに部屋に奥行きを出してる。小市民としては持て余しちゃいそうで落ち着かないかも。

コースはVIPの70分15,000円、かなり高貴な設定であります。小市民の生活を圧迫しかねない危険な賭けも、Tさんの為ならエンヤコラ。

離れ離れのシャワータイムを越えた先に待ってるのは、微かな部屋の明かりの中で妖艶にほほ笑むTさん、ちっとばかし色気が増してやいませんか?

マッサージはうつ伏せから、頭上の位置取りはお見事。暗がりで瞳孔が開きっぱなしになってます。そのまま下へと移っていくのですが、どうしても追うよね。

振り向いたり鏡を利用したり、頭上程じゃないけどスリットからの艶らかな太ももの曲線に見惚れちゃってます。おかげでマッサージへの意識はどっかに飛んで行ってた。

オイルへチェンジして、スルリスルリと順調に上がってきます。タッチは時に優しく時にソフト、滑らせる手法ってやつね。そんな優しさも敏感な箇所では、刺激に色づけしてくれる。

爽やかで淡いイエロー、イメージするならレモンでしょうか。甘酸っぱい鼠蹊部を堪能した後は背中へ。

跨りますとエイ、生太ももが脇腹に密着。押す度、体も揺れるので生太ももの感触もいろんな変化を見せてくれます。

Tさんが上半身までペタッと倒れてきたのは一瞬だけ、ポニョ、ポニョン、弾んでたのが原因かな。仰向けからは、足元からスタートします。これといったことはなく一旦ブレイクの気配。

そして表のカエル脚になって、少しずつキワキワの流れになってきます。後ろ向きだったので手を当ててみました。困惑した表情「イケなかった?」「お尻くらいなら」ってことでOKを貰います。

柔肌の誘惑程、理性を削がれるものはなく、スリットへ潜り太ももの内ほどまではイケたかな。

でもいいところで逆サイド、ここでもう一歩ってことになるんですけど、ちょっと尻込みしちゃって服の上からのタッチで止めてしまいました。

その後、センター近辺を伺うマッサージはあっても、それ以上には至らず時間となりました。

10分2,000円払ってこの内容は少し肩透かし、セラピの可愛らしさで憎めないけど、アッテほしい設定だね。もう一回くらい覗いておこうかな。 

情報局ポイント

メンズエステ『アルビネス(ALVINESS)』
セラピスト:Tさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

ガチオススメ販売ページ

2018ガチ紹介

人気店ランキング

ソクセらバナー