『エルモ(ELMO)』体験談その1。北海道札幌のホンワカな表情なセラピスト

もう少し時間があれば。

過去にスピードスケートをやってる彼女と付き合ってたことがある、水産加工工場でカニ缶製造に勤しむ37歳藤田です。

やっぱりスケート女子は尻と太もも凄かったですね。気も強かったですが。直進力が強すぎて置いてかれたのは切ない思い出。

現在はメンズエステで暖かい思い出づくりだけが気持ちを支えてくれてます。

さあて振り返ればついこの前、『エルモ(ELMO)』ってお店です。

いい意味でイイコトしてくれそうな雰囲気のある娘たちがゾロゾロ、私の股間はザワザワと。出勤数は平均5人前後と充実気味、部屋の増設も着々と進行中なんだとか。

そしてブログに日々出勤情報が掲載されてるので、これをチェックっすればあのセラピもこのセラピ狙い撃ち。

予約ゲッツは電話で、男性でしたがそれはそれでいいか。お店があるのは札幌の東区、最寄駅は札幌駅から約20分ほどで到着する環状通東駅そこから徒歩で10分くらい。

一軒家風のアパートにはシンプルに分かり易さを追求したアパート名を知らせる看板が。ピンポンを響かせるとセラピストのKさんがお出ましです。

若いってことよりもホンワカな表情に違和感が。メンズエステよりもお弁当屋とかパン屋とかで出会いそうな雰囲気だから。

だからちょっとセクシーなセラピ衣装も精一杯背伸びしている感じで、狂おしいほど愛おしく感じてしまう。ところが胸元からのチラ見せブラが、ohクレイジー、ギャップだね~。

Kさんの接客はたどたどしさがあるかな、ところが人柄を駆使して世代を超えたオッサンとコミュニケーションを取ろうとしてくれる。

オッサン、この気持ちを大声で叫びたいくらい(ウレシイじゃねェか、コノヤロー)。

部屋は1LDKのゆとりの空間、マットタイプで結構オシャレなインテリアになってます。でもトイレとバスルームが若干狭め、どこかのスペースを削れなかったのだろうかと不動産鑑定士目線。

メニューは通常オイルとパウダー&ホットジェル付きのセットコースがある。もちろんパウダーやホットジェルはオプションとして通常コースにプラスすることもできるよう。

サワサワにイッちゃおうかなとセットコース90分10,000円の支払いです。

シャワーを浴びて当然パンツは穿きます。ノーパンでKさんの前に出れば、大きな衝撃を彼女に与えてしまうかもしれないって私なりの配慮(何言ってるんだ)。

マッサージはパウダーでサワサワ、くすぐったくハケでなぞられている感じです。

マッサージ効果は多分無し。サワサワが活きるのはやっぱりキワキワ、結構遠距離なところからでも神経を伝って刺激が伝わって来てる。

セラピ「くすぐったくないですか?」私「うん、大丈夫」セラピ「気持ちよくないですか」そういう風に展開していくのぉ、私「気持いいよ、とっても」セラピ「ふふっ」軌道修正でどうにか空気が変になるのはセーフ。

カエル脚になってのキワキワは、標準レベル、安全性に富んでますね。無事故無違反をモットーとするゴールド免許のお爺さん並みか。

お尻もコチョコチョされつつ背中もサワサワ、何気なく意識が飛んでたのはご愛嬌。そしてただならぬ気配に意識を取り戻せば、はっ目の前にピッチピチの太ももが。ミニ寸なので見えとります。

マットから落ちそうって理由を付けて掴らせてもらいます。手に馴染む太ももって柔らかすぎぃ、Kさんに倣ってサワサワも。イイ反応、若いから敏感なんですよ。

仰向けではホットジェルらしきものも参戦、オイルとの違いは少し粘り気が増しているような、ホット加減も冷たくないってくらい。

仰向けメインは下半身からキワキワに掛けて、安全からスリルを味わおうとするギリギリラインも増加。でもここまで、せっかく本格勃起して来たのに。

「もう少し時間があればですね」とKさん、それって延長ならってことですか。

でもここで終了となりました。今回はまずまず、だけど短期間で急成長する可能性もありますからね。数か月後には一端のセラピになってるかも。

情報局ポイント

メンズエステ:『エルモ(ELMO)』
セラピスト: Kさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

北海道のメンズエステの記事

北海道のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です