『もみ処 永遠(とわ)』体験談。北海道札幌の心が籠った丁寧なマッサージのスレンダーで雰囲気の良いお姉さん。

微妙な力加減からのチンチロリン、オイタ的な触り方をしてくれたりとこれ極上の癒しなり。

事務職で採用されたはずなのに箱詰め作業ばかりをしている30代になったばかりの会社員です。お店は『もみ処 永遠(とわ)』そう言えば中学卒業の時の寄せ書きに「永遠に」と恥ずかしいことを書いてしまった記憶が。

微々体温が上がった状態で予約しました。こちらはセラピストによってオリジナル色の強い特設コースが設けられていて、いろいろ知的好奇心をくすぐるような説明文が添えられているのです。

一番施術レベルが高そうなセラピを指名するも予約完売だったので、仕方なく空きのあるセラピで手を打ちます。「特設コースで」が合言葉となります。多分入室後でもオッケーな雰囲気はあったので、言い忘れた後のコース変更は可能なのかも。

場所はすすきのや札幌の中心部から少し離れた美園地区、国道36号線を下ってお値段以上のアノお店が目安となるので分かり易いです。インターフォンを押すと、スレンダーで雰囲気の良いお姉さんが出迎えてくれました「Yさん」です。

少し短めのスカートを確認し、メンズ的であると確信。だけど接客態度とかは、エロさなどは微塵も出ておりません。至って普通、良くも悪くも健全風、でもねコースを説明してくれるところで匂わせ文句で軽く煽ってきたら、スイッチ入ります。

料金は100分11,000円とプライスは良心的でありました。シャワー後のマッサージは施術台の上で行います。まずは基本からで背中、腰を中心に揉みほぐし、下半身は圧を加えるドライエステ的な感じ。

お尻のところで少しだけ期待させるような手の動きがあったかな。オイルも足先から、撫でるような手つきで多少のペタペタ感があるも、その辺は経験が浅いってことで大目に見ておかないと。理想を追い求め過ぎてもいいことないですから、30代になり大人の理解度を高めております。

オイルからは会話量も増えてきて、仕事のことを話したり恋愛方面を窺いあったり、笑いも零れる和やかムードです。そして際どい足の付け根部分へのアプローチが、足を曲げるポーズになると、無言が心地よい展開です。

中指当たりをソケイ部にソフトに当てて滑らせてくる。瞬間的に鳥肌が我慢できずゾワッと、鼻をすする音なのかクスクスと笑い声なのか、どちらとも分からないYさんの反応に。感じていいんだろうかって。答えは「感じていいんです」少しずつ深くなってくるから。

ソフトなままですが、かなり切迫した箇所は触られておりましたよ。ボキボキ勃起になっても、いやそういう状態だからこそ盛ってくれたのかも。背中や肩とかを癒してくれた後には前半の山場と言えましょうか四つん這いポーズです。

照れた口調でのコールに釣られて僕の方もお尻の頬が赤く。チロチロぺロぺロですね。悶絶の誘いには素直について行きました。お尻からソケイ部に及ぼうとするところですでにフル勃起タイム。微妙な力加減からのチンチロリン、オイタ的な触り方をしてくれたりとこれ極上の癒しなり。

仰向けになると、再び通常モードで上半身からです。横に立ってる時の腰のラインが艶めかしい、少し前かがみになってお尻が付き出ると、我慢できず「触らせてください」。アラアラな表情で受け止めてくれました。

高貴なラインに手を添えてることだけなのに、そこそこ満たされ気分。ソケイ部でも横に立ってくれて少し後ろ向きですね。あああっ、うううっ、お触りしている場合じゃないほど、反応してしまいました。ここからもう一段階あるかなってところで今回は終了。

2,3回程度の健全子機はあったけどね。でも可能性はゼロじゃないはず、回数を重ねればね、そう思わせてくれる雰囲気はありました。心が籠った丁寧なマッサージのスタイルなので、個人的には満足感できたかな。

情報局ポイント

メンズエステ:『もみ処 永遠(とわ)
セラピスト: Yさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

北海道のメンズエステの記事

 

北海道のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です