「ハズレ」だと思うセラピストとはどんな女の子か

こんにちは、管理人です。

メンズエステに通っている人なら一度は必ず「ハズレ」と思うセラピストに当たったことがあると思います。

ハズレというのも人によっては様々な理由があると思いますが、今回はどういうセラピストがハズレなのか、そんな時はどうしたらいいのか、についてお話しをしていきます。

ハズレのセラピストとは

ハズレの条件は人によって様々だと思いますが、一般的には以下のような内容だと思います。

・体系が崩れすぎている(太り過ぎ、痩せすぎ)
・抜いてくれなかった
・鼠径部が全く深くない
・鼠径部へのアプローチが一瞬だけ
・ブスすぎる
・口臭が酷い
・ペタペタマッサージだった
・ずっと話さない、会話が出来ない、続かない
・笑顔がない
・マッサージが下手、手抜き

他にも色んなハズレの条件があると思います。

僕が今まで当たったことがあるハズレのセラピストは、こんな事が多くありました。

・会話が続かない、返事がそっけない
・業務的だった
・マッサージが下手過ぎた
・施術中にスマホをいじってる
・鼠径部のアプローチがほとんどない

マッサージが下手だから、イチャイチャや逆マッサージ等で誤魔化している女の子もいました。

逆マッサージは悪くはないのですが、それしか楽しみがないとなるとリピートしようという気がしませんし、満足感もほとんどありません。

ハズレの後に当たりのセラピストに会うと、嬉しくなってついついリピートしてしまうのは怖いなと思います笑

ハズレのセラピストの後に当たりのセラピストに当たればいいのですが、何回もハズレが続くと「もうメンズエステは辞めよう」と思ってしまうほど落ち込みます。

せっかくいいセラピストがいるのに、一部のハズレセラピストのせいで仲間が減るのは寂しいものです。

ただ、僕も過去に3連続でハズレのセラピストに当たった時はメンズエステに行くのはもう辞めようと本気で考えていた時期もありました。

もしハズレに当たったとしても、必ず当たりのセラピストはいるので、休憩期間が終わったらまたメンズエステ通いは復活してほしいものです。

ハズレのセラピストに当たったどうしたらいいのか

ハズレのセラピストに当たってしまうのは、どうしても仕方がないことだと思います。

全員が全員当たりというのは難しいですし、いいセラピストでも新人の時はハズレに近いような事いなってしまうこともあります。

避けられないなら対処方法を学ぶしかありません。

ハズレセラピストに当たったらどうしたらいいのか?

それは「出来る限り当たりに変えていく」という事を自発的にする必要があります。

これは僕がやっている方法なので、全員が出来る方法ではないかもしれませんが、出来る限りやってみてほしいなと思うわけです。

そもそもハズレになってしまうのは、セラピストもお客様にどう接していいのか分からない事も理由にあります。

・人見知りで会話が苦手
・まだメンズエステに慣れていない
・緊張している

という理由でうまくサービスが出来ないという事もあります。

そんな時は緊張をほぐしてあげたり、こうしてほしいなどの要望を伝えることでいい方向に向かうことがあります。

例えば会話がすぐに途切れてしまう場合は、「入って長いんですか」や「最近ハマったものとかってありますか」というような話題を振ったりすると、少しずつ話がはずんでいきます。

セラピストの意見が出る質問で、重たくないもの、答えやすいものという内容がポイントです。

「昼の仕事とかしてるんですか」「彼氏はいますか」というような、初対面の人には答えにくい話題は避けた方がいいです。

そういう話題は仲良くなってからすると、より仲良くなりやすいので何度か通ってからがいいです。

マッサージ内容にも不満があった場合も「ここが気持ちいい」「もっとそこを深くやってほしい」というようなお願いをすると改善することもあります。

セラピストというのは、出勤から退勤までずっと部屋の中で一人でいるので、他のセラピストと情報交換や交流というものがありません。

ですので、どういうマッサージがいいのか、何をすると喜んでくれるのかというのがセラピストも分からないのです。

お店によってはセラピスト講習があるお店もありますが、まだまだ少ないのが現状です。

ですので、マッサージが下手なのではなく、覚える機会がないから上達しないだけなのです。

セラピストだけではどうしようもない事もありますので、アドバイスすることでセラピストのスキルも上がりますし、仲良くもなれます。

「自分の好きな施術をしてもらう」という事でセラピストを育てれば、今後の楽しみにも繋がります。

本当のハズレの女性は少ない

年々メンズエステのレベルが上がってきたせいか、ハズレと感じるセラピストの数も減ってきているように感じます。

最初はハズレだと思っていた女性も、話していくと実は本人も悩んでいるというパターンがあります。

そういうセラピストをハズレのままにしておくのはもったいないですし、その女の子に入った自分の時間やお金ももったいないものです。

セラピストを育てるのはお店ですが、入った時間を楽しくいいものにするのはセラピスト次第ではなく、自分でも出来ることがあります。

メンズエステの楽しみ方は人それぞれだと思いますが、ハズレでも楽しむことが出来れば、どのお店やセラピストに入っても満足した時間が過ごせます。

せっかくの貴重な時間とお金なので、だったら有意義に過ごした方がいいかもしれませんよ。

ただ、どうしてもハズレの女の子には当たりたくないという場合は、当サイトでもオススメを紹介しておりますので、参考にしていただければと思います。

体験談販売ページ