『蜜(Mitsu)』体験談その1。大阪なんばの予約困難店

脚の付け根にスルリと進入

『蜜(Mitsu)』を利用した際の体験談です。

平凡な日常の中、ふとメンズエステが恋しくなってしまう、30代のレンタルDVD店のスタッフの田上です。

実はこの頃、なんやかんやと物入りとなってしまい、月1回のお楽しみが達成できないという事態に陥っていました。

ソワソワする心と体を沈めてもらうため、約2か月ぶりに向かったお店が難波エリアにある『蜜(Mitsu)』というところです。

 

『蜜(Mitsu)』

 

これまでホームページチェックなどを重ねてきた気になるお店だったものの、中々踏み出せない自分がそこにはおりました。

その理由が、おしゃれすぎるインテリアが披露されているところ。モチロン本当にここまでおしゃれなのだろうかと懐疑的になる部分もありますし、正直自分がその場に居てリラックスできるのかという想いがあったからです。

それともうひとつが、セラピストのプロフィール写真が掲載されてないところ。これは誰を選ぶべきなのか指針が得られない他、美人揃いとウワサに名高いお店だとしても、一抹の不安が拭い去れないのです。

ただ後者の理由はブログで解決、セラピストの雰囲気が伝わる画像が掲載され納得。ウッカリさんな自分でした。

となるともう衝動は抑えられない、予約の電話を掛けるのですが完売の連続で上手くいかない。どうやら超人気店に狙いを定めてしまった模様。

何とか予定を先延ばしすることでようやく予約完了。途中で何度となく他店に行こうかと思ったことか。

しかし初志貫徹を貫くことができ、自分でも意志が強くなったのかなと意外な成長を感じました(たぶんメンズエステに限る)。

向かったのは難波駅から1キロほど南下した浪速区元町。大国町駅が最も近い駅になりますが、難波各駅からでも大差はありません。

詳細は知らせてくれるほか、ホームページでも案内してくれているので、地元民なら迷うことはないでしょう。

おしゃれなマンションにドキッとしながらも、勇気を出して一歩を踏み出します。

本来ならワクワクが勝るのですが、バイトの面接の時のような緊張感の方が高かったというのが当時の状況です。

部屋の前に到着しワンプッシュ。迎え入れてくれたのはKちゃんです。

ブログの画像に一目惚れ、実物も超カワイイ、どこかでお天気キャスターでもしているかの風貌です。

小心者の自分はKちゃんを凝視できない、しかも通された部屋はホームページ通りの、超絶スタイリッシュ空間とくれば「借りてきた猫状態」で恐縮しまくりとなってしまいます。

ウエルカムドリンクを頂きながらお支払い。事前割引のおかげで2,000円オフ、100分コースなので14,000円がKちゃんに渡ります。

シャワーは必須。これが無ければキワキワなんて期待できるはずありません。

その後は寝心地のいい広めのマットに身を預け、Kちゃんが手を添えてきます。

ドキドキが伝わらないかと緊張の面持ちから始まったマッサージ。さすがほぐしメニューがあるお店のセラピスト、上手いものです。

時間の経過とともに発生するオイルタイム。タオルが捲れただけ、オイルが塗布されただけで、すごーく特別な気持ちに。良いお店の特徴でしょうか。

そしてスムーズな手わざで進む脚エステ。脚の付け根に差し掛かってもスムーズさは変わることなくスルリと進入。うれしい部分をなぞりながら、刺激を加えてくれる「う~んゾクゾクッ」。

カエル脚ではガッツリ系に変身。「リラックスしてますか」なんてイタズラチックな表情からの、色っぽい気遣いもムードを盛り上げてくれました。

仰向け時に頭上に陣取るKちゃん、お顔がアップに。勇気を振り絞って目線を合わせるとカワイイ~。

しかもKちゃんも目線を外すことなく、見つめ返してくれるので「恋してしまいます」。

その後はお腹や態勢変化してのキワエステ、男性の気持ちを理解して、指先や手の平でおもてなし、それはそれは夢のような時間でした。

カワイイ子のエステってやっぱり最強だなと改めて実感。予約を取るのは大変だけど、必ずリピートしたいお店です。

情報局ポイント

メンズエステ『蜜(Mitsu)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ