『サーパス(SURPASS)』体験談その1。大阪日本橋の秘密の誘い

テンションも角度もマックス

『サーパス(SURPASS)』を利用した際の体験談です。

「本日も晴天なり」と、自分を鼓舞して生きる40歳のフリーターの徳田です。

何かと暇な日常の中で見つけた楽しみはメンズエステ。そこには男が求める、理想的なセクシーが存在しているのです。

もちろん風俗でスッキリさせるのも良いのですが、メンズエステは直接過ぎない誘惑があり、緊張感がある。そういった要素が興奮の扉を開けてくれます。

しかも風俗よりもロングタイムでリーズナブルとくれば、フリーターにとってはノリにノッテしまいます。

先日のこと、いろいろお店探索をネットでしていたところ、とてつもないエロ要素満点のスカートを、セラピストたちが纏っているお店を発見。

なんというかこう、これまでのメンズエステでは見たことのないスリットに富んだ、セクシースカートなのです。

またセラピストの面々は、スカートのサイドの紐を引っ張るというパフォーマンスで誘惑。そこまでされたら「ハイ行きます」「行かせてください」と言うほかありません。

そのお店は大阪市中央区高津、通称日本橋エリアにある『サーパス(SURPASS)』です。

 

『サーパス(SURPASS)』

 

まずしなければいけないことは予約電話。ブログを参照にしてみるものの、予約完売の文字が目立つ。これは先手必勝と思い、営業時間10分くらい前に電話を入れました。

対応したのは男性スタッフ。営業前のためかすこーし印象が悪い対応。ついこちらも「この時間でイケる」なんてタメ口で応戦してしまいました。

気を取り直して、日本橋駅へ知らされたマンションへと向かいます。

念のため電話で確認しておこうかと思いますが、予約時の対応が過り無駄に気分を害したくない。

なるべくやり取りを減らすようにするため、到着してから窺いの連絡を入れる時に同時に確認しました。

再び気を取り直してセラピストとのご対面。登場したのはセクシー系30代セラピストのKチャンです。

豊かな胸からほとばしるフェロモンは、これまでの難点を帳消しにしてくれるものでした。

ただスカートの状況が思ってたのとちょっと違う。サイドに紐はあしらわれておりましたが、丈の具合がメンズエステの一般的具合。悪くないものの、ちょっぴりガッカリ感があります。

マンションがキレイなのでお部屋の方もキレイ目。ただ清潔感という点では正直最低レベル。

タオルは生乾き臭がするし若干の湿り気もある、バスルームもどことなくヌメリ感が否めない、セラピストもよくこんな環境でマッサージできるなあと不思議に思います。

払うものは払っておこうとお支払い。90分が割引料金となり12,000円、オプションと指名料でプラス2,000円、合わせて14,000円(何となく高めかな)。

サクサクッとシャワーを浴びて、スッポンポンでスタート(もちろんシットリタオルは掛けられます)。

Kチャンはこの業界はそれなりに長めとのことで、指圧の方もしっかりしています。

セクシーな女性が真面目なマッサージ。私的には嫌じゃありません。

ただ枕に顔をうずめるのは正直敬遠したい、顔を横に向けておきました。

それが意外な効果を発揮、Kチャンの谷間をしっかり認識。Tシャツが緩めなので、谷間の奥まで見えそうなくらいです。

オイルに入ればメンズエステの雰囲気が高まります。際どい箇所へのアプローチは手慣れたものでガッツリ、手を進入させてくれます。

時折握っている状態でシコシコして来たり、指先でなぞり責め、腰を動かさざる負えないくらい感じてしまうのです。

発してしまう声に合わせて、Kチャンの手技も勢いを増してきて、テンションも角度もマックスへ。

おさわりに挑戦のコーナー。何気に手を当てているのはスルーしてくれますが、決して好意的な感じがしない。

微妙に距離が発生、おっぱいに手を伸ばすと「ダメッ」と制される。

マジな雰囲気だったので、これ以上は踏み込めませんでした。

最終的な鼠蹊部はほぼ握っている状態、しかしリズムが合わずノーフィニッシュとなります。

悪くはないけれど、いまいちチグハグ感がぬぐえない。したがってリピートはナシです。

情報局ポイント

メンズエステ『サーパス(SURPASS)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ