『コクア(Kokua)渋谷店』体験談。東京渋谷の整ったお嬢様ルックスと揺るぎない清楚感、意外と背が高くて抜群のプロポーションの女の子。

タラタラ体験でも終始幸せ気分。

出張ばかりの人使いの荒い会社に振り回されてる30代男性・アユムです。東京出張中にこのままここで転職してやろうかって思ったくらい。今の職場からの解放もありますが、首都のエステの魅力に憑りつかれそうになったってのも大きいです。

その最初のきっかけは先方さんに紹介してもらった『コクア(Kokua)渋谷店』です。

先方さんが自慢げにHPを見せつけて来るんですよね。カワェェ子ばっかり、そして感じざるを得ない違和感。あらあら皆さんクリアに映ってるじゃありませんか。

メンエスと言っても顔出しはデリケートゾーンに近いですから、目に映るセラピ達に奮起かつ尊敬の眼差しですわ。「健全ですよ」って逆説アピールって取れますけど。今から予約で店舗へ、渋谷駅から宮益坂方面へ徒歩少々。

田舎者にとってはお店に行くより駅から脱出する方がハードル高くてハラハラです。到着したのは健全な複合ビルの4階フロア。受付ではお姉さんが待ってます。目が合う前から「こんばんわぁ」の挨拶、「はぁい」と吸い寄せられていきます。

ホテルのスパ風の店内(知らないけど)ホテルのスパ風の畏まった受付事項(コレも知らんけど)を済ませます。コースは複数系、優柔不断だと苦戦しそう、お姉さんも丁寧に教えてくれるけど「鼠蹊部」「密着」「アレ」などの核心に迫ったものではない。

「お疲れだと」「リラックスだと」なんて濁してるので、聞けないですよね。とりあえずアロマが最も無難で安かったので120分17,000円(優待割引と指名アリ)の会計。ここで指名セラピが「ありがと」ついでにお迎えに来てくれます。

手を取りお部屋に向かった相手が「Mさん」はい推しメン決定、整ったお嬢様ルックスと揺るぎない清楚感、意外と背が高くて抜群のプロポーションです。

衣装はサイト通り、谷間をカバーしているインナーは残念ですがスカートの短さは攻めすぎ?店舗系とはいっても個室のプライベート性は高くそこそこメンズエステ寄りであります。

ドリンクとシャワーを頂き、プレゼントしてくれた紙Tを装着して流れもメンエス。仰向けからストレッチが始まり中々近距離。次にうつ伏せマッサージを堪能。ここはしっかり目の揉みで健全色を強調かな。

序盤ストレッチも交えてくれるので取りようによっては密着と生脚との触れ合いなんかがあってムフッと違った傾向を想像で来たりするかも。オイル開始、脚から始まり途中曲げた脚を太ももで受け止めてくれます。

スッポリ密着、膝の位置がオマタ付近で挟まれてる気がしてます。太もも上部からは丁寧に何度も何度も付け根に向かってリンパを流してくれる。鼠蹊部のマッサージには少し遠い位置で。背中はやりがいがあるみたいで跨ったり、横に移動したり、頭上からなど多方面からアプローチ。

エロが少ないなんて思ってはイケない健全なんだから、なのにスカートよくみるとスリットがレースになっててチラリズムの宝庫ではないですか。見入ってる私を横目でチラリするも知らんぷりのMさんも確信犯?四つん這いなんて下品な行為はありません。

仰向けでの69は、それもないはずでしたが惜しい場面が一度だけ。足元からストレッチと膝乗せ、軽い密着などを駆使して太ももカエル脚。両足あるので時間的にも長いと思います。そして深さも増してる。タオルは捲られてるのにお腹でこんもりしてるからソコが見えず。

だけど相当頑張って攻めてくれてるのは感じます。時々指がいいところを掠っていく、空振りした時はもう一度掠らせてくれる。いいじゃないですか。Tバックからは竿や玉、毛などもはみ出してたので、たっぷり見せつけることは出来たな。

タラタラ体験でも終始幸せ気分で居られたのはMさんのおかげです。お見送りも丁寧で気分良好。

情報局ポイント

メンズエステ:『コクア(Kokua)渋谷店
セラピスト: Mさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

東京のメンズエステの記事

 

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です